サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験 埼玉 役に立つ簿記2級スクール レッスンノート 連結会計

連結会計

日商簿記2級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。
今回はご要望により、連結会計の解説をしました。
連結を考える上でのポイントは
1.独立した2社を1社とみなしす。
2.連結の為の帳簿(仕訳帳、総勘定元帳)は存在しないので、
それぞれの会社の決算書を合算して作成する。
3.純資産の部を株主の所有(持分)として考える。
(特に子会社の純資産)
ということが一番のポイントです。
これは、今までの簿記にはない発想なので注意が必要でしたね。
その上で、連結手続きを行っていきますが、基本的には必要ないものを消していく作業です。
1.2社を1社と考えることで、資本と投資の消去、債権債務の消去、未実現利益の消去、
連結会社間取引の消去などをしていきます。
その際に消去することで新たに出てくるものがあります。これが「のれん」でした。
2.子会社の純資産を株主の持分と考えることで、親会社以外の株主持分相当額を「非支配株主持分」として
通常の資本金や剰余金とは別にしなければならない。
(当期純利益も純資産であることに注意が必要です)
3.帳簿がないことで、常に連結初年度まで戻って過去の調整をし直さなければならない。
その時、過去の収益費用を調整する場合は、当期B/Sの繰越利益剰余金を調整する。
(のれんの償却費のうち、過去の償却費など)

結果として、親子会社のそれぞれの決算書を単純に合算して、その数字をマイナス調整かプラス調整していくと考えましょう。
プラス・マイナス調整が分かれば、仕訳は自動的に作れるので、仕訳を覚える必要はありません。
このレッスンノートを書いたコーチ

実務経験や社員向け指導経験も豊富。1級を視野に入れた最短勉強法とは

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした。 今回は、決算整理事項から減価償却について解説しました。 専門用語がいくつか出てくるので覚えましょう。 取得価額=取得時に資産に計上した金額(購入取得の場合は購入金額+付随費用) 耐用年数=使用可能期間 残存価額=使用期間終了後に残っている価値 そもそも...

レッスンお疲れ様でした。 今日は決算整理のうち、売上原価の計算について解説しました。 決算整理とは、期中の取引状況を記入した帳簿(総勘定元帳)の科目残高を決算書が作成できるように ・収益と費用は当期1年間の業績になるように ・資産、負債、純資産は当期末の残高になるように 調整する...

レッスンお疲れ様でした。 今回は前回からの流れの続きで、総勘定元帳の締め切りを解説しました。 締め切りの流れを理解してもらう目的のため、決算整理処理は飛ばしました。 締め切るということは、全ての科目の残高を0(ゼロ)に調整することと覚えてください。 手順としては、 1.収益科目と...

レッスンお疲れ様でした。 今回はご要望のあった総勘定元帳の記入について説明しました。 簡単には一度説明していますが、期中取引の記帳について、 もう少し詳しく解説しました。 勘定とは・・・該当科目の増減を記入する器と思ってください。 現金勘定なら現金の増減を記入するための器で、ここ...

今日は標記の科目について解説しました。 権利と義務で区別すると 前払金、未収入金=権利(資産) 未払金、前受金=義務(負債) また、 未収入金と未払金=物の引渡しが済んだのに、代金決済が済んでいない (売る側、買う側の違い) 前払金と前受金=代金の全部または一部の決済が済んで...

レッスンノート ページ先頭へ