サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験 埼玉 役に立つ簿記2級スクール レッスンノート 連結会計

連結会計

日商簿記2級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。
今回はご要望により、連結会計の解説をしました。
連結を考える上でのポイントは
1.独立した2社を1社とみなしす。
2.連結の為の帳簿(仕訳帳、総勘定元帳)は存在しないので、
それぞれの会社の決算書を合算して作成する。
3.純資産の部を株主の所有(持分)として考える。
(特に子会社の純資産)
ということが一番のポイントです。
これは、今までの簿記にはない発想なので注意が必要でしたね。
その上で、連結手続きを行っていきますが、基本的には必要ないものを消していく作業です。
1.2社を1社と考えることで、資本と投資の消去、債権債務の消去、未実現利益の消去、
連結会社間取引の消去などをしていきます。
その際に消去することで新たに出てくるものがあります。これが「のれん」でした。
2.子会社の純資産を株主の持分と考えることで、親会社以外の株主持分相当額を「非支配株主持分」として
通常の資本金や剰余金とは別にしなければならない。
(当期純利益も純資産であることに注意が必要です)
3.帳簿がないことで、常に連結初年度まで戻って過去の調整をし直さなければならない。
その時、過去の収益費用を調整する場合は、当期B/Sの繰越利益剰余金を調整する。
(のれんの償却費のうち、過去の償却費など)

結果として、親子会社のそれぞれの決算書を単純に合算して、その数字をマイナス調整かプラス調整していくと考えましょう。
プラス・マイナス調整が分かれば、仕訳は自動的に作れるので、仕訳を覚える必要はありません。
このレッスンノートを書いたコーチ

実務経験や社員向け指導経験も豊富。1級を視野に入れた最短勉強法とは

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした。 今回は、前期および前々期の決算書を使って、簡易なキャッシュフロー計算書を作ってみました。 キャッシュフロー計算書からは、貸借対照表や損益計算書からは分からないお金の流れが見えてきます。 その他、資金繰表の雛型も一例ですが確認しました。 業績を上げることも会社に...

レッスンお疲れ様でした。 今回もご質問にお答えする形で進める中で、特に「預り金」の説明と決算書類の内の科目明細の預り金の内容について精査しました。 預り金は、主に社員の給料から天引きした社会保険料や所得税が中心で、社員本人が支払うものを会社が支払い行為を代行するために一時的に預っるものと考...

レッスンお疲れ様でした。 今回は銀行口座の管理方法について検討しました。 現在、いろいろな口座から支払いをしているので、売掛金入金や営業上の経費等の支払口座をできるだけ一つに集約して、他の口座は借入金の返済のみにしていくと、お金の流れが掴みやすくなってきます。 また、資金計画も立てやすく...

レッスンお疲れ様でした。 前回に続き、損益と収支の違いについて説明しました。 ほとんどの収益、費用は預金の入金(収入)と出金(支出)を伴いますが、次期がずれてきます。 さらに、費用のうち減価償却は支出が発生しないものです。 逆に借入金の返済は費用ではありませんが、支出するものですので、...

レッスンお疲れ様でした。 今回は資金繰りと損益の違いについて説明しました。 資金繰りは入金と出金の予定表なので、会社の損益(業績)とは全く別のものと考えてください。 売上が上がっても実際に入金になるのはその先ですし、仕入や経費の支払いも帳簿に記帳された日よりも後になるため、利益があがって...

レッスンノート ページ先頭へ

日商簿記2級試験情報

サイタの日商簿記2級試験講師がブログを通して、日商簿記2級試験情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

日商簿記2級試験の先生

@Boki2Cyta