サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験 東京 真人の日商簿記2級試験講座 レッスンノート 2級に必ず合格するために基礎を固める学習を始めました。

2級に必ず合格するために基礎を固める学習を始めました。

日商簿記2級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

2級合格を確実なものにするためには、工簿に強くなることと、決算問題に強くなることが必須です。

今回は、決算問題に強くなるための第1歩を踏み出しました。

決算問題に強くなるためには、なによりも「決算頭」を作っておく必要があります。
決算の脳回路を形成するために役立つ、精算表問題を使っての、直接記入練習を開始しました。
お渡ししたレジメで、繰り返し練習して下さい。「決算頭」が急速に出来てきます。

以下で、覚えたことを確認して下さい。言っていることが分からなかったら、メールでお問い合わせ下さいね。

期末商品棚卸高と売上原価の算定
 残高試算表の棚卸高を外すところから始める。⇨修正欄貸方に記入し、借方に期末現在の棚卸高を記入。その後クロスして記入。クロスする場所は通常、仕入の行!

消耗品の未使用高と消耗品費の算定
 ①繰越商品の下をチェックし、消耗品a/cが使われているか?いないか?を確認
 ②いる場合⇨残高試算表の合計額欄より下に( )があるので、消耗品費a/cを記入
  いない場合⇨残高試算表の一番下の方に消耗品費a/cが使われていることを確認後、残高試算表の合計額欄より下に( )があるので、消耗品a/cを記入
 ③未使用の残高は、期末現在の消耗品残高なので、これを軸に精算表に直接記入する

現金過不足の処理
 ①現金過不足a/cの残高がある場合⇨修正欄で全額なくすことから始める
 ②決算日に現金過不足状態に陥ってしまった場合は、BS借方に、実際現金残高を記入するところから始める。

貸倒引当金の設定
 貸倒引当金の決算整理事項が出てきたら...
 ①期末売上債権(受取手形と売掛金)をBSにズリズリ引きずるように移動させる(笑)。
  ㊟移動中に修正金額にぶつかったら、修正後の金額でBS借方に記入
 ②期末売上債権合計額×貸倒率=×××で算出した金額を、貸倒引当金a/cの行の右端に記入
 ③上記②の貸倒引当金の行について、BSに結果の数字が確定し、試算表に元の数字が表示されている。⇨結果-元の金額=⊕×××となるので、この行の修正記入欄の足し算の場所、即ち貸方側にその×××の金額を記入するとともに、貸倒引当金繰入a/cの借方に同額を記入する。

繰入、繰延計上
 これは、費用、収益勘定の中で、当期に属する収益、費用なのに、帳簿に計上されていないものを繰入計上したり、または、次期に属する収益、費用なのに当期の帳簿に計上済みのものを次期に繰り延べたりする作業です。
これは、次回に回します。

その他、処理方法を覚えたのは、リース取引です。

オペレーティングリース取引は、法的には賃貸借取引ですが、経済的実体はリース会社からお金を借りて、当社が私用するリース資産を取得した取引になります。
リース料を支払うということは、この場合、住宅ローンを元利均等払いしていくのと同じ処理になります。ただし、利子抜法で処理している場合は、利息部分を把握しない方法なので、借金だけ返す処理をします。

オペレーティングリース取引で使用する勘定科目
 リース資産a/c(資産)、リース債務a/c(負債)
 ㊟リース取引開始時、利子抜法と利子込法の処理の違いがあります。
  きちんと区別して処理出来てますか?はじめのうちは、図を書いた方がいいですよ
新着レッスンノート

今回の試験結果の自己採点の結果はどうでしたか? 今回は、第1問から前受金、前払金の処理は出なかったですね。 多少捻った問題もありましたが、よく仕訳の練習をしていたんで得点できたんじゃないでしょうか。 第2問は、資本金と引出金の処理方法が分かっていれば得点できました。これは勉強して...

問題文に「当社は限度額×××円の当座借越契約を銀行と締結している」という様な文章が出てきたら、当座借越になる取引が出てきます。 分かりやすいでしょ(笑)。 精算表の続きで、費用、収益の繰入(見越し)、繰延をやりました。 図を書いて考えると、必ずどうしたらいいかが分かります 正確に...

2級で 初めて勉強する工業簿記を、取引を仕訳する商業簿記の延長線上で捉えてはいけません。 工業簿記は、取引を仕訳したものではなく、原価計算係が行った原価計算を仕訳し、転記するものです。 また工業簿記の問題を解くには、問題を見たとたんに、何と何を道具にしてどう計算すればいいかが頭に浮かんでこ...

レッスンノートを送る順番が逆になりました(笑)。 さて、6日には、決算処理を中心に学習しました。 決算は、精算表に直接記入していくノウハウを教えました。 28日にも復習し、追加で繰入・繰延処理をやりました。 たくさん精算表の問題を練習しておいて下さい。

今日、練習したのは支配獲得後Ⅱ期目の処理を連結精算表に記入することを中心にして勉強しました。 支配獲得日における連結修正仕訳 上記の開始仕訳をした上で、「のれん償却」「子会社当期純利益の振替」「子会社配当金の修正」を行う 支配獲得後Ⅱ期目の開始仕訳を行った上で「成果連結」をする...

レッスンノート ページ先頭へ