サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験 東京 真人の日商簿記2級試験講座 レッスンノート 原価計算係が行った計算データを見て、仕訳をしてみる

原価計算係が行った計算データを見て、仕訳をしてみる

日商簿記2級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。
受注品ごとに個別に原価を集計する個別原価計算は、実際にはどんな風に行われているのか?

原価計算係が実際に行っている手法を実践してみました。
その上で、その原価計算過程を仕訳、転記する練習をしました。
ここで実践練習してみた事が個別原価計算のベースとなる知識であり、とても重要なところでした。
原価計算を仕訳する時に使う勘定科目、製造間接費内訳表に記入された材料費、労務費、経費は配賦率を使って配賦計算すること、その時keep機能を使うこと等、覚えてますか?

配賦基準が数量の場合と金額の場合の配賦率の違いは理解出来ましたか?
応用問題もやってみましたが、覚えてますか?
勘定記入の問題ですよ。

原価計算を仕訳して転記した後の総勘定元帳の状態を見てみると、材料という資産が、労務費や経費といったコストをかけて、仕掛品、製品になっていく過程がきれいに表示されていることを確認しました。
これを勘定連絡図といいましたね
新着レッスンノート

今回の試験結果の自己採点の結果はどうでしたか? 今回は、第1問から前受金、前払金の処理は出なかったですね。 多少捻った問題もありましたが、よく仕訳の練習をしていたんで得点できたんじゃないでしょうか。 第2問は、資本金と引出金の処理方法が分かっていれば得点できました。これは勉強して...

問題文に「当社は限度額×××円の当座借越契約を銀行と締結している」という様な文章が出てきたら、当座借越になる取引が出てきます。 分かりやすいでしょ(笑)。 精算表の続きで、費用、収益の繰入(見越し)、繰延をやりました。 図を書いて考えると、必ずどうしたらいいかが分かります 正確に...

2級で 初めて勉強する工業簿記を、取引を仕訳する商業簿記の延長線上で捉えてはいけません。 工業簿記は、取引を仕訳したものではなく、原価計算係が行った原価計算を仕訳し、転記するものです。 また工業簿記の問題を解くには、問題を見たとたんに、何と何を道具にしてどう計算すればいいかが頭に浮かんでこ...

レッスンノートを送る順番が逆になりました(笑)。 さて、6日には、決算処理を中心に学習しました。 決算は、精算表に直接記入していくノウハウを教えました。 28日にも復習し、追加で繰入・繰延処理をやりました。 たくさん精算表の問題を練習しておいて下さい。

今日、練習したのは支配獲得後Ⅱ期目の処理を連結精算表に記入することを中心にして勉強しました。 支配獲得日における連結修正仕訳 上記の開始仕訳をした上で、「のれん償却」「子会社当期純利益の振替」「子会社配当金の修正」を行う 支配獲得後Ⅱ期目の開始仕訳を行った上で「成果連結」をする...

レッスンノート ページ先頭へ