資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験レッスンノート 手形

手形

日商簿記2級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

手形の処理
1、為替手形
登場人物の再確認
振出人→手形を作る人
名宛人→支払う人
指図人→受取る人

自己宛為替手形、自己受為替手形の意味を再確認すること。

※手形の問題は必ず登場人物を図で書くこと。
他の問題より慎重に問題を読んで理解に時間をかけること。
手形の実物は図で書いた通りですので、ネットですが調べて
どんなものが手形なのか調べてみてイメージするのもよし(^^)

2、裏書手形・割引手形
裏書手形は、取引の迅速化が趣旨でしたね。
登場人物が複数人出てくる図をイメージしておきましょう。

そして保証債務の仕訳については、貸倒引当金をイメージし
仕訳を作るようにすること。

割引手形は、手形売却損という特殊な勘定科目を使うことを
必ず覚えておいてください。問題はシンプルなので
必ず基本問題を解いておいてください。

3、手形の更改
更改とは、作り直し。
受取手形を受取手形に作り直す。
支払手形を支払手形に作り直す。
これだけを覚えておけば大丈夫です(^^)

3、不渡手形
不渡手形は、倒産寸前の会社でしたね(^^)

端数利息の処理についても復習しておいてください。
今回のテーマである手形はめちゃくちゃ大事なパートです。
必ず二週間後までに何回も復習しておいてくださいね。
このレッスンノートを書いたコーチ

未経験者を多数合格させた経営コンサル!根拠の説明が丁寧で覚えやすい

楽しい日商簿記2級3級取得レッスン
藤川顕 (日商簿記2級試験)

梅田/大阪・難波・近鉄日本橋・大阪上本町・樟葉・淀屋橋・本町・心斎橋・堺筋本町

レッスンノート ページ先頭へ

日商簿記2級試験情報

サイタの日商簿記2級試験講師がブログを通して、日商簿記2級試験情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

日商簿記2級試験の先生

@Boki2Cyta