サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記1級試験 東京 スドウの日商簿記1級試験講座 レッスンノート 損益にならない為替レートの増減

損益にならない為替レートの増減

日商簿記1級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした!

例えば、外貨建ての債権債務を保有していた場合、決算日のレートで評価替えすることにより、「為替差損(益)」が発生し、PLの数字に影響を与えます。

ところが、為替レートの増減があっても、PLに影響を与えないものがあります。以下のものです。
○為替換算調整勘定→純資産の項目ですね。
○外貨建取引における為替レートの変動のリスクを回避するために、あらかじめ為替予約をした場合
新着レッスンノート

まずは、簿記二級合格おめでとうございます! で、次のキャリアアッププランをレッスンで考えましたが、 「日商簿記一級」目指すというのは、当然、ありかと思います しかし、次の点を留意する必要があります それは、試験範囲が(商業簿記に関しては二級の時点でだいぶ一級寄りになったのは事実...

レッスンお疲れ様でした! 勘定科目→仕訳に用いる科目。総勘定元帳、試算表、精算表上はこの科目を用いる。 表示科目→BS、PLなど、開示される決算書で用いる科目。 上記両者が異なる場合があります。典型例が、有価証券、でしたね。 とりわけ、(勘定科目の)満期保有目的債券、その他有価...

レッスンお疲れでした。 引当金とは、 ①当期以前に原因がある ②将来における費用または損失の発生で、 ③発生可能性が高く ④合理的に見積もれる 場合は、いかなる内容でも計上しなければなりません。 例えば、貸倒引当金であれば、 過去における債権残高と、貸倒実績の関係から、...

レッスンお疲れ様でした。 加工費について、当月完成品と月末仕掛品に按分する際、 完成品1個と仕掛品1個を、同様に扱うことはできません。 それは、施された加工がことなるからです。 進捗度50%時点の仕掛品1個には、完成品で考えれば1×50%=0.5個分しか加工は施されていないのです。...

レッスンお疲れ様でした。 企業会計原則には、重要性の原則 というものがあります。 それは、重要性の乏しいものについては、本来の厳密な会計処理でなく、簡便的な処理も認める、というものです。 では、その 重要性とは何か?ということですが、考慮すべき点の一つには、量的な重要性があり...

レッスンノート ページ先頭へ