資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記1級試験レッスンノート 利益剰余金(繰越利益剰余金)の動き

利益剰余金(繰越利益剰余金)の動き

日商簿記1級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした!


勘定科目の残高は、仕訳にその勘定科目が登場すれば、増減します(当然ですね)。

ここで、利益剰余金(繰越利益剰余金)の動きを考えてみます。
当然、配当の仕訳を行えば、繰越利益剰余金の残高は減少します。

では、当期純利益(損失)が計上されることによる、繰越利益剰余金の増減はどうでしょうか?
仕訳に繰越利益剰余金という科目は
(通常の期中仕訳や、決算整理仕訳には)出てこないのです※

「売上」や「売上原価」といった収益費用の勘定科目が通常の期中仕訳や、決算整理仕訳に出てくることによって、利益剰余金(繰越利益剰余金)の残高が動いているのです。


※注意
実は、この書き方は厳密にいうと不正確で、「決算振替仕訳」に繰越利益剰余金という勘定科目は登場し、その仕訳により、当期純利益(損失)分の金額が繰越利益剰余金の残高を増減させます。日商簿記3級の範囲ではあるのですが、現在の経理実務において、会計ソフトで帳簿を作成している場合、この「決算振替仕訳」を意識することはあまりないかもしれませんね。
このレッスンノートを書いたコーチ

公認会計士でもあり、大手監査法人にて7年間勤務。懇切丁寧な指導がウリ

スドウの日商簿記1級試験講座
須藤大輔 (日商簿記1級試験)

渋谷・西日暮里・日暮里・上野・御徒町・秋葉原・御茶ノ水・飯田橋・水道橋・錦糸町・北千...

レッスンノート ページ先頭へ