サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記1級試験 東京 スドウの日商簿記1級試験講座 レッスンノート 会計大学院入試に向けて

会計大学院入試に向けて

日商簿記1級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスン受講くださり誠にありがとうございました。

体験レッスンでは、過去問を精査することで傾向と対策を確認することができました。
①財務会計計算→日商簿記2級レベル。満点とりたい
②財務会計理論→用語の定義は完璧にしたい。そこから、理由を問う問題など、より応用的問題であっても、それなりの文章を作ることができる。
③管理会計計算→2級までの範囲については、1級でのより細かい論点は出ない。2級レベル。
しかし、1級でしか出ない範囲が出題されている。
④管理会計論理論→基本的には②と同様だが、③にある、1級でしか出ない範囲の理論によう対応。

ということで、試験に向けて、注力すべき事項として
・会計用語の定義を覚える(覚える用語をセレクトいたします)
・理論問題を書くことに慣れる(添削します)
・1級でしか出ない範囲の工業簿記を学習する(教材用意しますね)

入試に向けて、ともに頑張っていきましょう!
新着レッスンノート

配当をする際、 ○その配当金額の1/10を、 ○準備金(資本準備金&利益準備金)が資本金の1/4に達するまで 積み立てる必要があります。 これは、繰越利益剰余金からの配当でも、その他資本剰余金からの配当でも同様です。 それで、もし配当の財源が繰越利益剰余金とその他資本剰余金の両方...

レッスンお疲れ様でした (♯58のレッスンノートにも書きましたが) 原価計算には、製品減価の算定方法の違いから、 A実際原価計算 B標準原価計算 とに区分できます。 実際原価計算⇒B/Sに計上される製品の原価を、実際に発生した費用額に基づき算定 (=実際原価) 標準...

レッスンお疲れ様でした。 予定配賦したり、標準原価計算を採用したりすると、 原価差異分析をしなければなりませんね。 そのとき、製造間接費の差異分析で出てくるのが、固定費率という考え方。 そもそも固定費というのは操業度に応じて変化しないものですよね。 ですから、1時間あたりの固...

レッスンお疲れ様でした。 工業簿記を学習されていると ・個別原価計算 ・総合原価計算 ・標準原価計算 ・直接原価計算 という風に並んでいるので、上記4種類の原価計算の種類が並列の関係であるのか、と考えがちです。 ですが、そのように種類区分するにではなく、以下のよう...

レッスンお疲れ様でした。 受験簿記上で注意したいのが、 仕訳で用いる勘定科目と表示科目は必ずしも一致しない、ということ。 例えば、「仕入」という勘定科目。 決算整理仕訳で、売上原価を仕入勘定科目を用いて算定する場合、 決算整理後の仕訳勘定の残高は、その期の売上原価を示していま...

レッスンノート ページ先頭へ