サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記1級試験 東京 スドウの日商簿記1級試験講座 レッスンノート 第143回試験商業簿記・会計学問題より

第143回試験商業簿記・会計学問題より

日商簿記1級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした!

今回は、先日行われた143回の試験問題から、どのように問題を解いたらよいのか、そしてそのためにどのようなスタンスで勉強するのが良いか、それをレッスンを通して考えることができました。

①投資活動キャッシュフロー、財務活動キャッシュフローとは何か?
商業簿記の問題で、「財務活動キャッシュフローの金額」を単発で問う問題がありました。この問題、財務活動が何か?が分かれば(仕訳不要の)得点しやすい問題でした。
キャッシュフロー計算書における、投資活動、財務活動とは何か?それを今一度復習してみましょう。実はこれを考えることが、キャッシュフロー計算書以外の問題でも活かされてきます(これについてはおいおいレッスンで)
②「結局こうでしょ!」を増やしていく
一級の問題では、そのボリュームからして、一つ一つ仕訳を書いていくと時間が足りなくなる可能性が高いです。レッスンで見事に回答されたように「被支配株主持ち分=子会社純資産×被支配株主持ち分割合 ※資本連結のみの場合」のように、仕訳を書かずとも、この数字はこうなる!というのを増やしていくのが時間効率化のカギですね。そのような観点でレッスンもしていきたいと思います。
③理論問題:キーワード
理論問題の全体に占める割合からして、理論に深入りすると勉強が非効率になります。ただし、それぞれの論点には必ずその論点を語るに不可欠なキーワードがあります。それをイメージできるようにすれば、理論の勉強にもなり、そのろんてんそのものの復習にもなります。キーワードを覚える、というスタンスで、理論を学習していくといいと思います。
新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした。 現在の日本の会計基準上、ソフトウエアを 1 受注制作のソフトウェア 2 市場販売目的のソフトウェア 3 自社利用のソフトウェア に分類し、それぞれの分類ごとに定められた基準で会計処理を行っていくことになります。

レッスンお疲れ様でした。 ソフトウエアに関して、現在の日本の会計基準上では、 ①研究開発費等に係る会計基準 ②研究開発費及びソフトウェアの会計処理に関する実務指針 によって定められています(①にもソフトウエアについての記載があります) これは、ソフトウエアの開発活動におい...

レッスンお疲れ様でした。 現在の会計基準上、研究開発活動の為の支出は、支出時に費用計上されることになっています。確かに、研究開発活動は将来における新商品等のための支出で有り、その新商品等の販売時に対応して費用計上すべきとの考え方もあります。ただし、研究開発活動というのは、その成功に関して...

レッスンお疲れ様でした。 連結グループ単位でも、キャッシュフロー計算書は作ることが出来るわけですが、その方法には2種類ありまして・・・ ①グループ各社が単体でキャッシュフロー計算書を作る。それを合算し、必要な修正を加えて完成させる。 ②連結BS・PLから連結キャッシュフロー計算書を作成す...

レッスンお疲れ様でした。 企業会計原則には、重要性の原則 というものがあります。 それは、重要性の乏しいものについては、本来の厳密な会計処理でなく、簡便的な処理も認める、というものです。 では、その 重要性とは何か?ということですが、考慮すべき点の一つには、量的な重要性があり...

レッスンノート ページ先頭へ