サイタ英会話教室初心者向け英会話教室 東京 Haruka英会話スクール レッスンノート 基礎英語文法・語彙

基礎英語文法・語彙

初心者向け英会話教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

★There is (are) ~.の表現

例文:
There are a lot of flowers in the house.
(その家にはたくさんの花があります。)

Are there any flowers in the house?
(その家には花がありますか?)

★受動態(受け身)
be動詞+動詞の過去分詞形で、「~される」という受け身の意味になります。

例文:
Japan is known for its hot springs.
(日本は温泉で知られています。)

English is spoken all over the world.
(英語は世界中で話されています。)

★mustとhave to
mustとhave toはどちらも「~しなければいけない」という意味ですが、ニュアンスが少し違います。

have to = 外部からの要求があって「~しなければいけない」
例文:
I have to study French.
(私はフランス語を勉強しなければいけません。)
※他者からの要求があったというニュアンスが含まれます。

must = 自分の意思で「~しなければいけない」
例文:
I must study French.
(私はフランス語を勉強しなければいけません。)
※自分の意思で「~しなければいけない」と考えているというニュアンスが含まれます。

★第3文型と第4文型の言いかえ

例文:
She showed me her new bag.※第4文型
(彼女は私に彼女の新しいバッグを見せました。)
→She showed her new bag to me.※第3文型

He sent me a letter last week.※第4文型
(彼は先週、私に手紙を送ってくれました。)
→He sent a letter to me last week.※第3文型
このレッスンノートを書いたコーチ

翻訳や英文法のライターとしても活躍。海外研修や仕事で培った表現を伝授!

目的・種類別に初心者向け英会話教室・スクールを探す

新着レッスンノート

■動名詞 while (S+V) ~ing = SがVしている間に 例文: Our boss drinks coffee while (he is) working. (私たちの上司は仕事中コーヒーを飲む) ※whileの前と後の文の主語が同じ場合は、whileの後の主語とbe動詞を...

★主語 例文: Reading books everyday is not easy for me. (毎日本を読むことは私にとって簡単ではない。) ★前置詞の目的語 例文: He was blamed for making the mistake. (彼はそのミスをしたこと...

★文法・語彙 in order to = ~するために enable O to = Oが~できるようにする informationやfurnitureは不可算名刺 数えるときは、"a piece of"や"数字 pieces of"を使う。 be classified...

★Let's ~ Let'sはLet usの短縮形です。 「(一緒に)~しましょう」と言うときに使います。 例文: Let's go to Kyoto. (京都に行こう。) ★自動詞・他動詞 自動詞=自己完結する動詞。「(主語が)~する」で不足なく完結する文章(第1文型)...

★S+V+C 第2文型と呼ばれる文型です。この文型では、S(主語)=C(補語)の関係が成り立つのが特徴です。 そのため、この文型で使われる動詞は、be動詞や、主語と補語をイコールで結ぶ意味の一般動詞が使われます。 例文: That sounds great! (それは良いですね!...

レッスンノート ページ先頭へ

初心者向け英会話情報

サイタの初心者向け英会話講師がブログを通して、初心者向け英会話情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

初心者向け英会話の先生

@EnglishCyta