英会話教室初心者向け英会話教室レッスンノート 出だしは「感情コトバ」から

出だしは「感情コトバ」から

初心者向け英会話教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日も沢山のご質問ありがとうございました!まとめますと「実際の会話シーンでは必ず情景やバックグラウンド自体が会話を助けてくれるのであまり細部にこだわらなくてもよい」ということに尽きます。また「表現方法も千差万別、なんでもあり」ということも大事なポイントです。受験勉強ではありませんのでいろんな答えを許容するのが会話です。このあたりはラジオ系の講座の「限界」であるとともに「想像力育成」のためのトレーニングとなる、と割り切り取り組んでいくことが必要です。いくつかトークの練習をしましたが、大事なことは「頭で考え組み立て喋る」という癖をつけることです。
言いたいことを日本語で紙に書いてしまうと、たちまち「頭」は「正確な表現」を求め、さまよい始めます。この「堂々巡り」を避けるためにも、まず「感情もの」を初っ端に引っ張りだすのです。学校へいく>それが楽しいのかイヤなのか。。。と必ず「行為の前に気持ちをまずだす」こと、そしてIt is 形容詞に持ち込むのが第一歩。
KEI NISHIKORIのインタビューの模様が最高の生きたテキストになることを強調しましたが、彼はいつも「It's true......」「It's amazing...」などから喋り出していますので一度ニュースとかで耳をそばだててみてください。あれが会話の原風景です。しばらくはこの感情を最初にもってくる方法をやってみましょう。It is形容詞に飽きたた、I'm thinkingでもいいしI'm wondering..などでも同じことなのでトライしましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

海外勤務9年!ロールプレイ重視で現地での会話を「楽しめる」レベルまで

ビギンザビギン英会話
高橋敏夫 (初心者向け英会話)

川崎・横浜・戸塚・渋谷・武蔵小杉・菊名・新横浜・桜木町・関内・石川町・新杉田・中目黒...

レッスンノート ページ先頭へ

初心者向け英会話情報

サイタの初心者向け英会話講師がブログを通して、初心者向け英会話情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

初心者向け英会話の先生

@EnglishCyta