英会話教室初心者向け英会話教室レッスンノート <復習> Could you~...

<復習> Could you~...

初心者向け英会話教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

<復習>
 Could you~ & Would you~の使い方
誰かに何かをお願いしたい時、「Could you(please)~」や「Would you (please)~」を文章の先頭につける。とても丁寧な言い方。「~していただけますか」となる。

Could you + 動詞

例: Could you (please) write down what we learned today?
(今日私達が学習した事を書いていただけますか?)


①以前学習した上記の使い方のおさらい

Could you~は「Can you~」、Would you~は「Will you~」の過去形で、「~していただきけませんか」という同じ意味に訳されるが、ニュアンスは微妙に違うので、その違いを理解した上で使い分ける方がよい。
「can」には「可能、~出来る」という意味が含まれ、「will」には「~の意志がある」というニュアンスが含まれている。Could you~だと「~していただけませんか」の中に「~する事は可能ですか」という意味も含まれ、相手が可能かどうか問う文になる。対して、Would you~は「~する意志はありますか」という意味も含まれ、相手の意志を問う文になる。

②Could you~の色々な使い方

例1:
If you are free, could you come and help me?
(もしお暇なら、手伝いに来ていただけますか?)

例2:
Could you show me this watch?
(この時計を見せていただけますか?)

例3:
Could you bring a bottle of water?
(ペットボトルの水を持ってきていただけますか?)

例4:
Could you tell me your room number?
(あなたの部屋番号を教えていただけますか?)

上記のように相手に何か頼みたい時にCould you + 動詞(相手に求める動作を表す)~の文で丁寧にお願いするとよい。

③不規則動詞 活用表No.5

hear - heard - heard(聞こえる)
hold - held - held(持つ)
keep - kept - kept(保つ)
lay - laid - laid(横たえる)
lead - led - led(導く)











このレッスンノートを書いたコーチ

元・ハワイのホテルマネージャー。ラスベガスに留学も。好奇心を会話力に

レッスンノート ページ先頭へ

初心者向け英会話情報

サイタの初心者向け英会話講師がブログを通して、初心者向け英会話情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

初心者向け英会話の先生

@EnglishCyta