サイタダンス教室社交ダンス教室 神奈川 楽しい社交ダンス講座 レッスンノート 静かなワルツ

静かなワルツ

社交ダンス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

ワルツに限らず、なるべくブレないで滑るように踊るのが相手の身体にぶつからずに動くコツになります(^^)/

静かに踊るために、実は足やボディ、ホールドはめいっぱい頑張っています。
相手と合わせるために身体の縦のトーンの作り方、引っ張ったり押したりしないためのホールドの作り方、などをフィガーを通して練習しました。

かなり良くなってきたと思います!
だんだん自然にできるようになりますので、ぜひ意識してみてください!(^^)!
このレッスンノートを書いたコーチ

ドイツで競技選手、コーチとして活躍。本場のベニーズワルツも丁寧に指導!

新着レッスンノート

スローを練習しました。 全体的にかなりスッキリして、きれいなダンスになってきましたね! きれいな上体を保つために、足と脚の使い方に磨きをかけていきましょう! レッグターンやアップの状態からの脚の出し方などを鏡で確認していくと、分かりやすいと思います。

スローで練習しました。 音の取り方やフットワークなど、かなり良くなりましたね! PP.はまずインピタスのフットワークを気をつけて踊り、さらに中央斜めに出ていくときのボディと足の向きに注意してみました。 鏡でみながらやってみると、分かりやすいと思います。 見えていると上手く出来ていま...

スローの音のとりかたをまず練習しました。三歩で一小節なのですが、ワルツとは全く違うので、音が余らないように取ります。 フットワークの確認と、ターンするときのレッグターンや足の使い方も練習しました。 今日の内容は少し難しかったのですが、とても良くこなしていらして、ダンスが見違えるよう...

引き続きワルツを練習しました。 ホイスクのボディはかなり良くなってきましたね! さらにボディをおこすともっと良いと思います。 コントラチェックの時も同じです。 もう一小節使って、体勢を整えてからチェックしてみると良い練習になると思います。 腰の使い方をメインに考えると上手く踊れる...

今日はワルツでボディを調整していきました。 サイドが折れないように、肘がサイドより前に、ネックは真っ直ぐに、等々 全部気をつけるのは大変ですが、常に意識することで大分綺麗になってきています(^o^)v ホイスクの時のサイドの張りや、レッグの位置なども練習したので、ぜひやってみて下さい!

レッスンノート ページ先頭へ

社交ダンス情報

サイタの社交ダンス講師がブログを通して、社交ダンス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!