サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス 東京 0から始めるサックス教室 レッスンノート レッスン、お疲れ様でした〜

レッスン、お疲れ様でした〜

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は初めに、A♭ペンタのスケール練習から行いました

テンポ♩=80でさらっていき、低音から高音までを隈なく運指確認していきました

全体を通して、もう少し練習が必要な気がしますが、今後アドリブにおける、スケールの使用機会も必ず出てきますので、なるべく自主的に復習されてみて下さい

曲については、前回に引き続き、マイナスワンで合わせながら、リズムなどの調整を行いました

今日の大まかな注意点をまとめておきますと…

全体的に重くならないようにするため、やや早めにノリたい部分と、少し遅れても大丈夫な部分とを見極めること

また、音が8分で続いているフレーズは、出来るだけ音をブツ切りにしないよう注意したい点

後半部分で、16分音符のみで構成された、音数の多いフレーズ以降、1拍、2拍と遅れが生じ、ズレてしまう点にも注意されてみて下さい

その他、裏コードとそのリレーテッドIIm7における、アナライズ方法について復習を行いました
このレッスンノートを書いたコーチ

イベント、ラジオで活躍中の先生のいいとこどりレッスン

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

昨日は初めに、Bペンタのスケールをノータンギングで練習してみました テンポ♩=80で行い、低音から高音までの音出しと運指確認をしていきました 低音部分と高音部分で、少し出しにくそうにされていたところが見られましたが、実際よく使われるスケールでもありますので、もう一度やり直されておく...

レッスンノートが遅くなりまして、大変申し訳ありません 昨日は初めに、ヴィブラートの練習から行いました 最初に少し説明をさせていただき、基本的な取り組みとして、メトロノームに合わせて波形を作っていただきました 実際、リードを締めたり緩めたりする動きによって、振幅を表現することに...

昨日は初めに、E♭m のスケールをノータンギングで練習してみました 前回の上行形に続き、下降パターンをテンポ♩=80でさらいましたが、運指のやりにくい低音域や高音域などは、まだ発展が見込めそうな感じなので、家でよく見直されてみるといいかもしれません… メソッドに関しては、指示された...

今日は初めに、Bペンタのスケールをノータンギングで練習してみました テンポ♩=75〜90の間を少しずつ速くしていき、運指に慣れていただきました 低音のテーブルキー、C♯〜Bの動きや、高音D♯〜F♯の運指に関して、まだ少し練習の余地がありそうですので、もし時間が取れるようでしたら、再...

昨日は初めに、半音階の復習から行いました 低音Dから2オクターブ上のDまでを、運指確認しながら音出していただきました 少しずつ慣れてきてはいますが、だいぶ間が空いていましたので、また随時練習をしていきましょう️ 曲については、前半のテーマ部分を再度見直していきました ...

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta