サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス 東京 0から始めるサックス教室 レッスンノート レッスン、お疲れ様でした〜

レッスン、お疲れ様でした〜

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は初めに、少しだけウォームアップしてから、チューナーで音合わせを行いました

音出しに関しては、日に日に要領を得られているようですが、はっきりと進歩を感じられます

この初期段階での音作りは、音質、音色、音程の向上を目的としていますが、これら全てが良くなってくると、不思議と他の技術の習得をしやすくなる利点があり、最初の地盤固めとして、じっくり時間をかけて欲しいところでもあります

これを料理に例えるならば、いい素材(音)を使うことで調理に特別な知恵を回さなくとも、素材の旨味がその料理を格上げしてくれるようなことと類似していて、素材の良し悪しによっては、同じ人が作る料理でも、その差に大きな違いを生むようなことと似ているかもしれません…

まずは、ベースとなる音について追求し、いい音とそうでない音との違いに着目して、それを見極める力を養い、いい音を出すための吹き方を体に覚え込ませていきましょう

次に、6種類ある16分のリズムパターンを使って、Cのスケールでタンギング練習を行いました

敢えて難しい低音のCからやっていただきましたが、低音については課題が残るところかと思いますので、今後腰を据えて取り組んでいきましょう

アンブシュアの加減がどうなると音がひっくり返り、ちゃんと出た際には口がどのようになっているかをよく認識し、今後の練習に生かしていただければと思います

舌の動きは良くなっていますので、引き続き訓練を続けていきましょう

最後に、曲のワンフレーズだけ練習してみました

最初にリズムだけ刻んでいただき、その後音を乗せていきましたが、裏拍で入るタイミングに苦戦されていたようですので、次回以降、また随時さらっていきたいと思います
このレッスンノートを書いたコーチ

イベント、ラジオで活躍中の先生のいいとこどりレッスン

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

レッスンノートが遅くなりまして、申し訳ありません 昨日は初めに、G♭のスケールを使った、ヴィブラートの練習から行いました テンポ♩=116〜160の間を少しずつ上げていき、メトロノームに合わせながら波形を作っていただきました 後半、high Fや high G♭の音出しに課題...

今日は初めに、Cのスケールを使った、スイングの練習から行いました 中音のDからhigh Fまでをさらいましたが、3連の感覚が、日に日に備わってきてるような印象を受けます 裏打ちに関しては、定位置に打つことに慣れてきた感があり、あとは強さの加減さえコントロールできれば、今より滑らかな...

今日は初めから、曲の練習を行いました 後半部分のいくつかのフレーズに対して、タンギング位置や、音を呑む場所などの確認をしていきました テンポが速くなるにしたがって、音を呑む箇所も増えたりしますが、それによってタンギング位置が変わったりと、テンポによって定義が変わってくることがありま...

昨日は初めに、G♭のスケールを使った、2拍3連の練習から行いました テンポ♩=88〜138の間を少しずつ上げていき、類似したリズムとの違いを吹き比べていきました 運指については、ほぼノーミスでやられていて、前回に比べると、だいぶ定着された感じです 低音のB♭、C♭間の動きや、...

昨日は初めに、Dm のスケールを使った、スイングの練習から行いました テンポ♩=76でさらいましたが、リズムはよく出来ていて、運指に関しても概ねさらえていますので、引き続き速く出来るよう、自主的に調整されてみて下さい 曲については、前回の復習を行いました  一度、マイナスワン...

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta