サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス 東京 荒井アルトサックス教室 レッスンノート 音階、ジャスの練習、シングシングシング

音階、ジャスの練習、シングシングシング

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

ありがとうございました!

ト長調とへ長調の音階をやりました!
メトロノームに合わせてとてもよく出来ていました!
特に、高い音の折り返し部分は指が難しいので、そこだけを練習するといいです!

ジャズのリズム練習は、とてもよく吹けていました!
アクセントを強くすることを意識するとより良くなります!

シングシングシングは、リズムの確認をしました。
音は、ドミソ ドミソ のように3つの区切りですが、スウィングは2つの音で区切るのでリズムが難しく感じますね。
まずは音を2つの区切りで、スウィングすることを意識して吹いてみてください!

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

ありがとうございました! 伴奏に合わせて演奏できるように練習しました! 前半部分は、伴奏のスピードに合わせて演奏できるようになってきました! 後半部分は、16分音符の速いところがあるので、速く指が動かせるように練習ていきましょう!

ありがとうございました! 音階は、とてもよく吹けていらっしゃいます! ソドのときに、人差し指と薬指が同時に離れるように意識してみてください! ラクールは、1番を練習しました! 72のテンポで、1拍に4つビブラートを入れられるように練習してみてください! また、強弱記号がたくさ...

ありがとうございました! とてもよく吹けています! 次のステップとして、伴奏に合わせて演奏できるように練習を開始しました! 伴奏は、待ってくれないので、苦手なところが止まらないように練習していきましょうね!

ありがとうございました! 音階は、とてもよく吹けています! 曲の中でも指が素早く動かせられるように、1拍に2つ(8部音符♫)おとを入れられるように練習してみるといいと思います。 特に、アルペジオは曲の中でもたくさん出てくるので、早く指が動かせると曲に活かせると思います! 音階で...

ありがとうございました! 音階は、とてもよくできていました! オクターブキーを押す音から、オクターブキーを押さない音にいくときに、他の音が混ざったりしないように気をつけるとよりよくなります! スウィングは、ドゥ ダ という二つの発音を意識して吹くととてもよくなりました! ア...

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta