サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス 東京 金井基泰アルトサックス教室 レッスンノート フレーズの歌い方

フレーズの歌い方

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

先日は体験レッスンの受講、誠にありがとうございます。

体験レッスンの内容をまとめさせていただきますね。


・フレーズの歌い方

主旋律でも対旋律でも低音でも、管楽器であっても歌であっても、どんなジャンルであっても基本的には音楽的な歌い方のアプローチは同じです。

フレーズの骨が上向きであればエネルギーは増幅し、下向きであれば減衰していきます。

これを理解するだけで魅力的な演奏にグッと近づきますので、今後様々なフレーズに触れてみてください。


・楽器について

アルトかテナーかまだ迷われているようですが、

音色
吹奏感
備品を含む価格
重量
楽譜
調号
見た目
etc.

それぞれ比較した上でご自身のお気持ちとよく相談された上で決めると良いと思います。


基本的には問題なく音が出ておりましたので、技術、コントロール面を向上させて目標に近づいていきましょう。


出来る限りの応援と協力をさせていただきますので何かございましたら遠慮なくお申し付けくださいませ。

この度は誠にありがとうございます。


金井
このレッスンノートを書いたコーチ

初心者の指導が得意!ソプラノからバリトンまで、ジャンルも幅広くカバー

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

先日は体験レッスンの受講、誠にありがとうございます。 体験レッスンの内容をまとめさせていただきますね。 ・アンブシュアの確認 バリトンサックスのマウスピースの場合はピアノのレ(D)の音、或いはバリトンサックスの指のシの音に合わせて出来る限り大きな音でロングトーン。 ...

先日は体験レッスンの受講、誠にありがとうございます。 体験レッスンの内容をまとめさせていただきますね。 ・フレーズの歌い方 主旋律でも対旋律でも低音でも、管楽器であっても歌であっても、どんなジャンルであっても基本的には音楽的な歌い方のアプローチは同じです。 フレーズ...

本日は体験レッスンの受講、誠にありがとうございます。 今回のレッスン内容をざっくりまとめますね。 ・マウスピースのロングトーンによるアンブシュア形成 本日は学校の練習用のアルトサックスでしたが、もちろんテナーサックスのマウスピースでも有効な練習です。 アルトサックス...

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta