サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス 東京 荒井アルトサックス教室 レッスンノート 音階、リベルタンゴ、アドリブ

音階、リベルタンゴ、アドリブ

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

ありがとうございました!

音階は、メトロノームに合わせて練習しました。
メトロノームの速さを少しずつ早くしていくと、指輪はなく動かす練習になります!

リベルタンゴは、2拍3連符のリズムが難しいと思います。
1 2 3 4 12 34 と拍子を感じるのではなく、大きく 1ー2ー 1ー2ー と感じるとリズムがわかりやすいと思います。

アドリブは、まずはC D E がドレミというのを覚えて、次にCはドミソと覚えていくと、コードが書かれているときに何の音が吹けるかが分かってきます!
少しずつ覚えていきましょう!

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

ありがとうございました! 伴奏に合わせて演奏できるように練習しました! 前半部分は、伴奏のスピードに合わせて演奏できるようになってきました! 後半部分は、16分音符の速いところがあるので、速く指が動かせるように練習ていきましょう!

ありがとうございました! 音階は、とてもよく吹けていらっしゃいます! ソドのときに、人差し指と薬指が同時に離れるように意識してみてください! ラクールは、1番を練習しました! 72のテンポで、1拍に4つビブラートを入れられるように練習してみてください! また、強弱記号がたくさ...

ありがとうございました! とてもよく吹けています! 次のステップとして、伴奏に合わせて演奏できるように練習を開始しました! 伴奏は、待ってくれないので、苦手なところが止まらないように練習していきましょうね!

ありがとうございました! 音階は、とてもよく吹けています! 曲の中でも指が素早く動かせられるように、1拍に2つ(8部音符♫)おとを入れられるように練習してみるといいと思います。 特に、アルペジオは曲の中でもたくさん出てくるので、早く指が動かせると曲に活かせると思います! 音階で...

ありがとうございました! 音階は、とてもよくできていました! オクターブキーを押す音から、オクターブキーを押さない音にいくときに、他の音が混ざったりしないように気をつけるとよりよくなります! スウィングは、ドゥ ダ という二つの発音を意識して吹くととてもよくなりました! ア...

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta