サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス 東京 0から始めるサックス教室 レッスンノート レッスン、お疲れ様でした〜

レッスン、お疲れ様でした〜

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は終始、曲の練習を行いました

前回に引き続き、後半部分を見ていきましたが、何ヶ所かリズムの修正が必要なところを、集中的に見直してみました

フレーズによっては、音数が多すぎて練習がなかなか捗らないなど、場合によっては、そのフレーズを分割して考えることも必要かと思います

細分したものを個々に練習し、後からひと括りにして練習し直すと、一見手間のように見えても、かえって時短に繋がり、効率的だったりもします

ソロで吹く譜面なので、リズムを多少アレンジして吹くことは全く問題ありませんが、書かれていることを正確に演奏できる術も外せない要素だと思いますので、出来れば、正しいリズムを把握された後に、アレンジされた方が、順序的にはいいのかなという気がします

終わりが見えてきてますので、次回マイナスワンで合わせられるぐらいまで、仕上げていきましょう

その他、アナライズの続きを見させていただきました
このレッスンノートを書いたコーチ

イベント、ラジオで活躍中の先生のいいとこどりレッスン

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

レッスンノートが遅くなりまして、申し訳ありません 昨日は初めに、D♭のスケールを使った、スイングの練習から行いました テンポ♩=69でさらってみましたが、高音域と低音域の一部を除いては、運指の運びもスムーズで、4回の練習の中で、だいぶ慣れてきたように見受けられました 特に、H...

昨日は初めに、ウォームアップを少し行ってから、休符を含めたリズムにのせて、タンギング練習をしました 譜読みをする上で、最初に苦労することの1つに、休符後の裏拍に音を入れる、タイミングの取りづらさがあると思います 8分休符の裏や、16分休符の裏から入るパターンが多くを占めており、その...

今日は終始、曲の練習を行いました 前回に引き続き、後半部分を見ていきましたが、何ヶ所かリズムの修正が必要なところを、集中的に見直してみました フレーズによっては、音数が多すぎて練習がなかなか捗らないなど、場合によっては、そのフレーズを分割して考えることも必要かと思います 細分...

今日は初めに、ウォーミングアップをしてから、チューナーで音合わせを行いました 楽器によっては、程度の差こそあれ、押さえるポジションによって音が高めに出たり、低めになることがありますが、その結果、口の締め具合を調整する必要が出てきます 各音程の正確さを養うには、チューナーでの音合わせ...

今日は初めに、コード進行に音を当てはめていく練習から行いました 今回は、マイナーキーに的を絞ってみましたが、各コードに予め3度の音を当てはめておき、書き符でソロを考えていただきました 3種類のマイナースケールを使いこなしていくのは、正直大変なことですが、書き符などをたくさん書いては...

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta