サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス 東京 0から始めるサックス教室 レッスンノート レッスン、お疲れ様でした〜

レッスン、お疲れ様でした〜

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンノートが遅くなりまして、申し訳ありません

昨日は初めに、C♯m のスケールを使った、スイングの練習から行いました

テンポ♩=80でさらっていきましたが、ところどころで運指の乱れが見られ、やや練習不足の感が否めませんでした
低音域のD♯、C♯、Cへの動きと、その戻るパターン、高音域のD♯、E、F♯への動きと、その戻るパターンは、どちらもピックアップして練習されてみて下さい
最後の最後に全体を通して、もう一度見直されておくといいかもしれません…

曲については、前半部分を、マイナスワンのテンポでさらえるようにしていきました
若干、タンギングの強さが足りなかった部分や、ノリが早すぎたり遅かったりと揺らいだところがありましたが、その辺は追って修正をかけていきましょう

後半部分については、最初の方だけをさらいましたが、また次回煮詰めていけたらと思います

特に、音が裏拍で連続する箇所などは、徐々に表拍にズレて来ないよう、メトロノームを使った練習を心がけていきましょう
このレッスンノートを書いたコーチ

イベント、ラジオで活躍中の先生のいいとこどりレッスン

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

レッスンノートが遅くなりまして、申し訳ありません 昨日は初めに、ネックとマウスピースを使った、ウォームアップから行いました アンブシュアは、とてもいい状態に落ち着いていますが、やり初めの頃は、吹き方が変わりやすい側面も多々ありますので、吹く手順に気をつけながら、慎重に音出しを行って...

レッスンノートが遅くなりまして、申し訳ありません 昨日は初めに、D♭のスケールを使った、ヴィブラートの練習から行いました テンポ♩=110〜160の間を少しずつ上げていき、リズムに合わせて波形を作っていただきました 途中、リズムに合わないところが何ヶ所か見られましたが、全体的...

今日は初めに、Gのスケールをノータンギングで練習してみました テンポ♩=65〜70でさらっていき、運指の動きに慣れていただきました 全体を通して、ほとんど滞りもなく、よく動かせていたと思います これから何回かにわたってさらっていきますので、少しずつ慣れていきましょう️ 高...

今日は初めに、B♭ペンタトニックのスケール練習から行いました 順次進行と、それを崩した形をさらっていき、全体の運指確認をしていきました 今日は、テンポ♩=60で進めてみましたが、僅かな時間の中で、運指もスムーズに処理出来ていたと思います 今後は、もう少し速いテンポでも出来るよう、...

今日は初めてということで、楽器の組み立て方や、構え方の説明からさせていただきました 最初に、マウスピースとネックだけでのウォームアップを行いましたが、アンブシュアや息の入れ方、咥える位置などの調整をしていきました マウスピースに対しては、息をやや斜め下に入れることで、上唇がほどよく...

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta