サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス 東京 0から始めるサックス教室 レッスンノート レッスン、お疲れ様でした〜

レッスン、お疲れ様でした〜

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は初めに、コードに音をのせていく練習から行いました

全てのコード頭に、予め3度の音を当てはめておき、音の流れを考えていただきました

テンポを少しずつ上げ、速くなっても、音符を見なくても吹ける状態を作っていただきましたが、僅かな時間の中で十分な成果が得られ、いいトレーニングが出来たと思います

また随時やっていきますので、感覚的に身につけられるよう、徐々に慣れていきましょう

曲については、前回の続きで、頭から一通り通した後、後半部分をさらっていきました

今日は特に、譜面に多く指示が出ている、音をしゃくるベンドを中心に見させていただいた感じですが、リードを上下に上手く作用させることで、キレのよいベンドをかけていただけたらと思います

口を緩めた状態から、通常の定位置に締め直す感じで元の音程に戻しますが、高くなり過ぎないように、チューナーで確かめながらやられると効果も期待できます

2拍3連の続いているフレーズについては、敢えてその範囲を強調させる意図もあり、タンギングをするしないでは、その効果を下げてしまう恐れもあるため、この曲のテンポでは、必ずタンギングをされて行ってみて下さい

その他、裏コードとそれに派生するリレーテッドIIm7について、アナライズの仕方を含めて説明を行いました
このレッスンノートを書いたコーチ

イベント、ラジオで活躍中の先生のいいとこどりレッスン

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

今日は初めに、E♭ペンタのスケール練習から行いました 画一された2種類の動き方で全音域をさらっていきましたが、高音のHigh E♭とF間の動き、低音のE♭とC間の動きが、大方動かしにくいと思います このスケールに限らず、曲中などでは時々出てくる動きですが、少しでもスムーズに動くよう...

レッスンノートが遅くなりまして、申し訳ありません 昨日は初めに、BM のスケールを使った、2拍3連の練習から行いました テンポ♩=85〜115の間を少しずつ上げながら、類似したリズムとの吹き分けをしていきました スケール自体とても難しいため、リズムとの兼ね合いを調整するだけで...

レッスンノートが遅くなりまして、申し訳ありません 昨日は初めに、チューナーで音合わせをしてから、Cのスケールで、タンギングの裏打ちを行いました 毎回少しずつ、何らか技術的な進歩が感じられますが、低音の音出しについては、誰もが一度は悩まされる一つの壁であると言えるかもしれません ...

今日は初めから、曲の練習をしていきました 一度、マイナスワンで全体を通していただいたのち、テーマ部分を一緒に合わせ、後半の書きソロを中心に練習していきました 全体的に、タンギングの弱さが気にかかりましたが、タンギングがしっかり効いているか否かによっては、曲の印象もだいぶ変わってきま...

今日は、初めから終わりまで、BM のスケールをノータンギングで練習してみました テンポ♩=50でやっていき、運指の動きに慣れていただきました 初めてのスケールでしたので、かなり動かしにくかったとは思いますが、ポップスなどではよく見られるスケールで、アドリブなどをする際にはかなり扱い...

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta