サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス 北海道 堀田敏紀サックスラボ レッスンノート タンギング中心

タンギング中心

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

前の予定が詰まっていて遅れる可能性があることを伝えていましたが、逆に早く到着しました。
今日も早く来て練習していたようです。
入室した時にタンギングをしていました。メトロノームを使っていましたが聞こえてるのかな?

まず1週間何を練習していたか聞き取りをします。
(ちなみにこれは今後毎回聞きます。前回レッスン後、今日まで何をしてきたかを。)

あまり今週は練習できなかったようです。
4日しかカラオケボックスに入れなかったとか。
結構やっている方ですよ?

タンギングが1と4を中心で。
ロングトーンは前回やった1のみ
イージージャズは聞くのみ
LowBbのタンギング
で、これら吹く時は腹式呼吸と大きい音で、を意識して吹いていたとか。

で、まずメトロノームの使い方を指導します。
スマホだけですとほぼ聞こえないはずです。よほど耳元にない限り。
そこからカラオケにつなぐ方法を再度説明しました。
写真も撮られたようです。

その間、楽器を椅子に置いていたのですが、背もたれにマウスピースが引っかかっている状態でした。
リードをダメにしてしまうのでキャップを常にする習慣をつけてくださいと指摘しました。

レッスン開始で吹き始めます。
まず、楽器を鳴らしつつ大きい音で吹いて楽器を振動させ、なおかつ腹式呼吸のトレーニングになる
低音タンギングトレーニングの譜面を渡します。
LowBbからの半音進行で最後にLowBbばかり吹きます。

まず一つ一つの音の確認からです。
LowC#とG#がくっついていました。
こちらは毎度吹き始めるときに必ずチェックしてください。

次にタンギングトレーニングです。1から始め3,4,4.1,2と行います。
音の出が前回より良くなっています。
テヌートが難しいですね。
テヌートはどう吹いているのか聞きたいということで模範演奏します。
テヌートとスタッカートの違いも一緒に吹きました。

8分音符のスタッカートだと早すぎるのか、テヌートとスタッカートの差はあまり出ていないです。
試しに裏8分の4,1を吹いてもらいます。
リズムが取れず苦労しておりました。
2をやった時に前回なら2小節の後半息切れして音になってなかったり、音程が怪しかったりしましたが、今日はそれが少なくなっていました。
少し長く吹けるようになったようです。

最後にロングトーントレーニングを行います。
1からスタートして次々に進んでいきます。
これは吹けようが吹けまいがとにかく基礎トレみたいなものでひたすら吹き続けます。
吹かないと腹式呼吸の筋肉はつきませんからね。
ロングトーン5までやって本日は終了です。

本当に最後に左のレールとリードが削れていました。
このアドバイスをしました。

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

しばらく間隔があきました。 入室前に聞いていたら低音タンギングを吹いています。 早速どう練習していたか聞き取りをします。 今回3回しか吹けていないそうです。忙しそうですね。 平日がほとんど吹けていないとか。朝も早く起きて吹くのはかなり難しかったようです。 その中で練習したのが ...

今日からレッスン開始です。 レッスンまでの間に備品を買っていただきました。 譜面を渡します。 ・タンギングトレーニング 6P ・スケールトレーニング 2P ・ロングトーントレーニング 34P です。 こちらが基礎練習プログラムでして、レッスンでこれらを重点的に約45分位、残り...

外から聞いていたらクローゼをやっておりました。 かなり苦戦している感が伺えます。 今日は吹く量を増やす&普段の練習状況のチェックをメインにします。 まずは聞き取りです。 タンギング  ・テヌートアクセント テンポ80 ・裏八分テンポ120 ・3連アクセント3種テンポ80と66...

会場急遽変更で申し訳ありませんでした。 最初に指定していた店は、利用しやすい店なのですが4人以上でないと予約ができないのが難点な店です。 まずは今までの音楽楽器経験をお聞きしました。 リコーダー15年ということで、SAXを吹くのにリコーダー経験があるとか得意だったというのは有利です。...

到着時低音タンギングを吹いておりました。 低音の響きはいい感じです。 前回のレッスン後にYAMAHAによってバードストラップとリード2Hを買ってきたようです。 これでストラップの長さと楽器の位置が適正になりました。 忙しかったからなのか、今回は2週間で5回ほどしか練習できなかっ...

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta