サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス 北海道 堀田敏紀サックスラボ レッスンノート タンギング中心

タンギング中心

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

前の予定が詰まっていて遅れる可能性があることを伝えていましたが、逆に早く到着しました。
今日も早く来て練習していたようです。
入室した時にタンギングをしていました。メトロノームを使っていましたが聞こえてるのかな?

まず1週間何を練習していたか聞き取りをします。
(ちなみにこれは今後毎回聞きます。前回レッスン後、今日まで何をしてきたかを。)

あまり今週は練習できなかったようです。
4日しかカラオケボックスに入れなかったとか。
結構やっている方ですよ?

タンギングが1と4を中心で。
ロングトーンは前回やった1のみ
イージージャズは聞くのみ
LowBbのタンギング
で、これら吹く時は腹式呼吸と大きい音で、を意識して吹いていたとか。

で、まずメトロノームの使い方を指導します。
スマホだけですとほぼ聞こえないはずです。よほど耳元にない限り。
そこからカラオケにつなぐ方法を再度説明しました。
写真も撮られたようです。

その間、楽器を椅子に置いていたのですが、背もたれにマウスピースが引っかかっている状態でした。
リードをダメにしてしまうのでキャップを常にする習慣をつけてくださいと指摘しました。

レッスン開始で吹き始めます。
まず、楽器を鳴らしつつ大きい音で吹いて楽器を振動させ、なおかつ腹式呼吸のトレーニングになる
低音タンギングトレーニングの譜面を渡します。
LowBbからの半音進行で最後にLowBbばかり吹きます。

まず一つ一つの音の確認からです。
LowC#とG#がくっついていました。
こちらは毎度吹き始めるときに必ずチェックしてください。

次にタンギングトレーニングです。1から始め3,4,4.1,2と行います。
音の出が前回より良くなっています。
テヌートが難しいですね。
テヌートはどう吹いているのか聞きたいということで模範演奏します。
テヌートとスタッカートの違いも一緒に吹きました。

8分音符のスタッカートだと早すぎるのか、テヌートとスタッカートの差はあまり出ていないです。
試しに裏8分の4,1を吹いてもらいます。
リズムが取れず苦労しておりました。
2をやった時に前回なら2小節の後半息切れして音になってなかったり、音程が怪しかったりしましたが、今日はそれが少なくなっていました。
少し長く吹けるようになったようです。

最後にロングトーントレーニングを行います。
1からスタートして次々に進んでいきます。
これは吹けようが吹けまいがとにかく基礎トレみたいなものでひたすら吹き続けます。
吹かないと腹式呼吸の筋肉はつきませんからね。
ロングトーン5までやって本日は終了です。

本当に最後に左のレールとリードが削れていました。
このアドバイスをしました。

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

テナーサックスを買われて1週間たちました。 テナーでの初レッスンです。 1週間の間で何をされていたか聞き取ります。 4回カラオケボックスに入って 低音タンギング タンギングトレーニング1~4 ロングトーンエチュード1~5 イージージャズコンセプションの1曲目(テナー用購入して...

事前練習でクローゼを吹いております。 外で聞いている感じでは前回話した 「音が小さい」と言う所の改善が見れます。 入室して吹いてる姿を見たらアンブシュアの位置が左によっている。 まず聞き取りです。 コロナの影響でカラオケまで出向いての練習ができず久しぶりに大きい音で吹いたと。...

楽器入手したので第一回目のレッスン開始です。 手にして3日目だと。 エチュードと運指表をお渡しします。 まずは吹いてもらいます。 全体のピッチが低いかな? ネックコルクが硬いかな? 楽器その他のチェックをします。 リード、備品その他でストラップがなかったのでお貸ししました...

事前練習でクローゼ吹いていました。 少しよくなってきた感じがします。 風邪をひかれたようで1週間レッスンをずらしました。 練習状況を聞きます。 クローゼを10回。時間がないときは5回。 強化タンギング。マウスピースをメイヤーにしたら息が続かなくて苦しいと。 楽曲いそしぎとアンチ...

新型ウイルスにより会場閉鎖になり、遠くの会場までお運びいただいてお疲れ様でした。 まず音楽とどうかかわってきたか聞き取りをします。 TVでサックスを聴いてかっこいいと思い小学校の吹奏部に入団。 サックスパートの空きがなくてクラリネットを1年半やっていること。 途中バスクラリネットも...

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta