サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス 東京 0から始めるサックス教室 レッスンノート レッスン、お疲れ様でした〜

レッスン、お疲れ様でした〜

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は終始、曲の練習のみを行いました

曲によって、運指や譜読みに、まだ慣れていないものがあると思いますが、まずは音の間違いがないかを、正確にチェックしておきましょう

アンサンブル曲は、縦のラインと呼ばれるリズムと、ハーモニーの調和が主に要求されることから、周りの人との音量や音程、ニュアンスなどを、一つに合わせようとする意識が個々人に求められてきます

譜読みに慣れないうちは、そこまで意識を向けるのもなかなか大変ですが、それを習慣化させることがアンサンブルの目的であり、醍醐味でもあるので、常にその辺の意識を持ちつつ、要領を得られればと思います

どの曲でも、ゆっくりのテンポからやっていくと、しだいにしっかり吹けるようになっていて、その過程を踏むことが、現状においては何よりも成果が期待できそうな気がします

曲数がある中で、最終的に本番に出る出ないは別として、時間も限られていてかなり大変かと思いますが、可能な限り、本番に臨める態勢までは準備できるといいですね…
このレッスンノートを書いたコーチ

イベント、ラジオで活躍中の先生のいいとこどりレッスン

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

今日は初めてということもありまして、現時点での状況把握からさせていただきました すでに、7年ぐらいやられているとのことですが、今悩まれていることの多くは、ある程度の知識や経験を必要とすることが大方求めらる部分です どこから手を付けていけばよいか分からない、という状況の中で、まずは出...

レッスンノートが遅くなりまして、申し訳ありません 昨日は初めに、チューナーで音合わせをしてから、低音Dから2オクターブ上のDまでを、半音階で辿っていきました 運指や音出しについては、だいぶ慣れてきた感じが伺えますが、今後コンスタントに回数を重ねて、メトロノームに合わせながら速く動か...

今日は初めに、Dm のスケールを使った、2拍3連の練習から行いました テンポ♩=69〜80の間を少しずつ上げていき、類似したリズムとの違いを吹き比べてもらいました リズムについては、いずれも正確に把握されているようですので、今後の課題としては、テンポアップさせても揺るがないよう、随...

今日は初めに、A♭ペンタのスケールを、ノータンギングで練習してみました テンポ♩=65で進めていき、運指の動きに慣れていただきましたが、場所によって動かしづらい部分もあったかと思います 特に、低音部の右手小指の動きについては、改めて見直す必要がありそうですので、家でもよく復習されて...

今日は初めに、Dm のスケールをノータンギングで練習してみました テンポ♩=58〜69の間で進めてみましたが、高音域の指遣いに、だいぶ苦戦されていたようでした 苦手とするところは、たいてい皆一緒ですが、スムーズにいかなかったところは、練習すべき部分でもありますので、なるべく放置せず...

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta