サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス 東京 0から始めるサックス教室 レッスンノート レッスン、お疲れ様でした〜

レッスン、お疲れ様でした〜

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は初めに、Em のスケールをノータンギングで練習してみました

テンポ♩=70で進めていきましたが、初めてのスケールということもあって、運指のやりづらい部分もあったかと思います

これから、何回かにわたってさらっていきますので、少しずつ慣れていきましょう

曲については、前回の続きから見ていきました

タンギング位置やベンドの確認をしていきましたが、だいぶ数をこなしているだけあって、タンギング位置の正確さは、かなり進歩しているように感じます
あとは、速いテンポの曲であっても、初めはゆっくりのテンポで、アーティキュレーションやダイナミクスなどをしっかりおさえて、運指の間違えなどを無くしてから、徐々にテンポを上げていかれると、時間的にも早い段階で仕上がってくると思います

2曲目のソロについては、音源に合わせて吹いてもらいましたが、技術的に追いつかないところ以外は、全体的にポイントをよくおさえられていました

音程や音色、入るタイミングなど、今回の耳コピを通じて得られたものは、かなり大きいのではないかと思いますが、本番までまだ時間があるので、可能な限り自分を追い込みながら、全ての力を出し切る気持ちで、本番直前まで諦めずに進めてみて下さい
このレッスンノートを書いたコーチ

イベント、ラジオで活躍中の先生のいいとこどりレッスン

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

昨日は初めに、Eのスケールを使った、スイングの練習から行いました テンポ♩=75でやっていきましたが、運指の動きや吹き方にやや不安が残ってしまいましたので、いくつか注意点を記しておきます タンギングをすることで、音がぶつ切りになってしまう点について タンギングの強さ加減の問...

今日は初めに、Cのペンタトニックの練習から行いました よく使われる運指の動きを、順次進行と併せて2種類さらっていきました 今日は、テンポ♩=50で進めてみましたが、短期的な目標として、♩=80ぐらいを目安に動かせるようにしていきましょう️ 曲については、前回の続きを、マイナ...

今日は終始、曲の練習のみを行いました 曲によって、運指や譜読みに、まだ慣れていないものがあると思いますが、まずは音の間違いがないかを、正確にチェックしておきましょう️ アンサンブル曲は、縦のラインと呼ばれるリズムと、ハーモニーの調和が主に要求されることから、周りの人との音量や音程...

今日は初めに、Eのスケールを使った、ヴィブラートの練習から行いました テンポ♩=120〜168の間を少しずつ上げながら、メトロノームに合わせて波形を作っていただきました 速さに十分対応されており、波形もしっかり作れていますが、HighF#の音出しがあともう一歩なので、高音域の安定に...

レッスンノートが遅くなりまして、大変申し訳ありません 昨日は初めに、Em のスケールを使った、ヴィブラートの練習から行いました テンポ♩=84〜116までの間を少しずつ上げながら、メトロノームに合わせて波形を作っていただきました 運指ミスは無く、波形もキレイに作られており、日...

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta