サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス 東京 0から始めるサックス教室 レッスンノート レッスン、お疲れ様でした〜

レッスン、お疲れ様でした〜

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は初めに、Eのスケールを使った、2拍3連の練習から行いました

テンポ♩=84〜108にかけて少しずつ速くしていき、類似したリズムとの吹き分けをやっていきました

リズムパターンを交互に変えてみましたが、それぞれの違いを明確に把握されているので、あとは運指に慣れることと、高音の音出しを強化していきましょう

曲については、新曲のテーマ部分をさらっていきました

ボサノバのリズムは、8ビートを主体としたリズムになりますので、8分音符の長さはイーブンで弾いていきます
特に、吹き慣れているスイングのノリと被らないように、気をつけて練習されてみて下さい

次回、中盤から後半のソロ部分にかけて、さらっていく予定です

タンギング位置がまだ全部示せていませんが、とりあえず運指だけは、最後まで追えるようにされてみて下さい

その他、楽語の続きをお伝えしました
このレッスンノートを書いたコーチ

イベント、ラジオで活躍中の先生のいいとこどりレッスン

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

昨日は初めに、ネックにマウスピースを付けた状態での、ウォームアップから行いました アンブシュアに関しては、始められた当初よりいい状態を維持されていて、いい音質や音色をいつでも引き出せる状況にあると言えます あとは、息の入れ方しだいで良くも悪くもなりますが、いかに体をリラックスさせた...

レッスンノートが遅くなりまして、申し訳ありません 昨日は初めに、いつものようにウォームアップを行ってから、チューナーで音合わせをしました 音出しが安定し始め、音質が向上してくると、次のステップとして、音程を定めていくことが課題となってきますが、チューナーで合わせる手前、口を若干締め...

今日は初めに、B♭m のスケールを使った、16分のリズムパターンから行いました テンポ♩=76〜88の間を少しずつ速くしながら、個々のリズムをタイで結び、2種類のパターンを練習してみました 16分のリズムがタイで繋がれると、途端に難しく感じられるところですが、1度タイを外すなどして...

今日は初めに、チューナーでの音合わせから行いました ピッチのバランスは、とてもいい状態を保たれていると思います 音域が上がれば上がるほど、管から受ける圧力によって、息の通りが悪くなる傾向にありますが、その影響をまともに受けないようにするためには、オクターブキーを押さえない音域での吹...

今日は初めから、前回の曲の続きをさらっていきました 曲の後半部分、タンギング位置を示しながら一緒に吹いてみましたが、僅かな時間の中で、リズムやアーティキュレーションの確認がほぼ取れたかと思います スイングの場合は、基本裏打ちになりますが、音の流れによっては表拍にタンギングを打つこと...

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta