サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス 東京 荒井アルトサックス教室 レッスンノート 音階、ロングトーン、タンギング

音階、ロングトーン、タンギング

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンを受けていただきありがとうございました。

音階、とてもよく吹けていました!
低い音は、ゆっくりな息を下向きに入れます。音が裏返らないようにキープします。
低い音が出にくい時には、ソファミレド というように、上から下がってくると出やすいです。
高い音では、逆に速い息を入れます。オクターブキー(左手親指)を押したソ ラ シ ドくらいから息を速くしていくといいです。

ロングトーンでは、音が揺れないように気をつけて息を伸ばします。
息の使い方のイメージとしては、息をたくさん吸って肺に息をためて、その息を必要な分ずつ出していくイメージです。
息をコントロールする感じです。

タンギングも良く出来ていました!
同じ音が続くときに、息で音を区切らずに、舌でリードの振動を止めて音を区切ります。
その時に、息は入れ続けます。
舌は、素早く動かすといいです。

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

ありがとうございました。 フライミートゥーザムーンは、ビブラートの練習をしました。 ビブラートをかけようとすると、音程が下がってしまうので、チューナーを見ながら音程が下がらないように練習してみてください! 音程が下がらないようにするには、口を緩めすぎないことと、息を下向きにしすぎない...

体験レッスンを受けていただきありがとうございました。 基礎練習は、タンギングがとても綺麗にできていました! 指がバラついてしまう時があるので、ゆっくり指を確実にしてからテンポをあげると、指のバラつきがなくなります! また、ロングトーンでは、音程を合わせるのも大切ですが、今のところはア...

ありがとうございました! take the A train とてもよく演奏出来ていました!! アドリブ部分の苦手だったところは、とてもよくなっていました! 最後のところも何度か練習してバッチリ出来るようになりましたね!

ありがとうございました。 ルパン三世のテーマは、譜読みをしました。 ミ♭が出てくるので、右手の小指をしっかり押し込むといいです。 ド シ♭ ド となる時には、シ♭を ラとTA(右のサイドキーの1番下)を押すといいです。 ビブラートは、アウアウと顎を動かします。 はじめのうち...

体験レッスンを受けていただきありがとうございました。 他に楽器をされているということもあって、とてもよく吹けていらっしゃいました。 音階では、低いドの音が鳴りにくかったと思いますが、サックスは低い音が出しにくい楽器です。 低い音を出すコツは、手を温めるときのような温かい息で吹くと...

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta