サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス 東京 荒井アルトサックス教室 レッスンノート 音階、ロングトーン、タンギング

音階、ロングトーン、タンギング

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンを受けていただきありがとうございました。

音階、とてもよく吹けていました!
低い音は、ゆっくりな息を下向きに入れます。音が裏返らないようにキープします。
低い音が出にくい時には、ソファミレド というように、上から下がってくると出やすいです。
高い音では、逆に速い息を入れます。オクターブキー(左手親指)を押したソ ラ シ ドくらいから息を速くしていくといいです。

ロングトーンでは、音が揺れないように気をつけて息を伸ばします。
息の使い方のイメージとしては、息をたくさん吸って肺に息をためて、その息を必要な分ずつ出していくイメージです。
息をコントロールする感じです。

タンギングも良く出来ていました!
同じ音が続くときに、息で音を区切らずに、舌でリードの振動を止めて音を区切ります。
その時に、息は入れ続けます。
舌は、素早く動かすといいです。

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

ありがとうございました。 上を向いて歩こうは、ご自身で録音した音源と合わせての演奏、とてもよかったです。 音が伸びるところの録音をする時に、足踏みで拍をわかりやすくすると合わせやすくなります。 アメージンググレイスは、譜読みをしました。 下のパートが旋律になるところの上のパート...

ありがとうございました。 わたしのお気に入りは、♯が4つついてテンポが速いので難しいですが、よてもよくなりました! 休符からの入りもバッチリですね!よく数えられています! イッツ・オンリー・ア・ペイパー・ムーンは、臨時記号の♯と♭がたくさん出てくるが難しいですが、とても良く出来て...

ありがとうございました。 satin doll は、CD伴奏に合わせてとてもよく演奏できていました! 前回苦手だったところも、しっかり修正出来ました! ♯3つにも慣れてきましたね! Take the A train は、冒頭部分をやりました。 メロディに半音階が使われていると...

体験レッスンを受けていただきありがとうございました! 楽器の組み立て方、構え方、吹き方をやりました。 吹き方は、下唇をしたの歯の上に巻いてその上にリードを当てます。上の歯は、マウスピースに直接当てます。唇は息が漏れないように閉じます。 くわえる位置は、マウスピースの先端から1センチか...

ありがとうございました! レットイットゴーをCD伴奏に合わせて演奏しました。 4分休符(ウン)が待ちきれず、早く入ってしまうので、4分休符も含めてメロディーとして覚えてしまうといいです! また、裏拍が続くところは、テンポが遅くなっていって表拍になってしまうので、遅くならないように...

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta