サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス 千葉 金山サクソフォンスクール レッスンノート 体験レッスン

体験レッスン

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れ様でした!

とてもパワフルで良く楽器を鳴らすことが出来ていたと思います。
ですが、少し音が開きすぎる(割れる)傾向にあるので舌を「い」の位置にしたり、口の横は「う」の口にして中央に寄せる、ゆっくりな暖かい息で吹いて音をまとめられるようにしましょう。
色々な音色を出せるようになるのが理想です!

タンギングはレッスンでもお伝えしたように、「Yo-Yo-」と舌を前後に動かすタンギングを出来るように練習してみてください。
そしてタンギングをする時、息を抜いて(止めて)いるので、抜かないように常に真っ直ぐ息を入れましょう。

オクターブキーを押さない音から、オクターブキーを使う「ファ」や「ミ」の音に上がる時下顎を噛んでしまって音色が変わってしまっています。
常にアンブシュア(口の形)は変えないように吹きましょう!

チューナーを使って音程を合わせる練習もしましょう。

基本的にとても良い音で吹けているので、この調子で頑張りましょう!!
このレッスンノートを書いたコーチ

音大で実績を積んだやさしい先生!楽器経験ゼロでも曲が弾けるようになる

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

体験レッスンお疲れ様でした。 今回は初のレッスンということで基礎のお話を中心に進めました。 顎を上げて吹いてしまいますが、軽く引いて吹くようにしましょう。 顎を引くことにより息の方向を下に下げることができ、音を太くすることができ低音も安定して出せるようになります。 タンギングは...

体験レッスンお疲れ様でした。 トランペットを吹いたことがあるということで、感覚が似ているのかすぐ音が出ていました!素晴らしいです! マウスピースをくわえる深さを変えるだけで、吹き心地、音色など色々なことが変化します。色々な吹き方をこれから試してみましょう。 高い音を吹く時、力を入れた...

体験レッスンお疲れ様でした。 楽器の組み立てから始め、基礎を中心にレッスンを進めて行きました。 リードの付ける位置ですが、左右は対称にし、縦はリードとマウスピースがちょうど合うくらい(マウスピースが隠れるくらい)に付けましょう。 上の歯は頭の体重を乗せ、マウスピースに乗せるように...

体験レッスンお疲れ様でした。 1年半ぶりのサックスはいかがでしたか? 最初からすぐ音が鳴らせていて素晴らしいです! もっと太くて安定して音を出すために、ロウソクの火を消すように細い息で楽器を吹くのではなく、ため息をつくようにお腹を意識して太い息で楽器を吹きましょう。 息を沢山吸って...

体験レッスンお疲れ様でした。 サックスを始めてまだ半年ということでしたが、しっかりと音も出せていて素晴らしいです! 今回を音階を使って基礎を中心に進めました。 まずは楽器の構え方。 座って吹く時、体から楽器を離しすぎているので太ももに付けるようにしましょう。 響きのある音...

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta