サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス 兵庫 一輝アルトサックスセミナー レッスンノート 基礎的奏法の確立

基礎的奏法の確立

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

約一年間、音楽教室でサックスを習われていたという事もあり、スケール練習やフィンガリングなどもスムーズに行えました。
高音に上がれば上がるほど音色のふくよかさが狭まり音程も不安定になる傾向がありましたので、アンブシュア(口の形)の改善や息の流し方をお伝えしたのですが、とても勘を掴まれるのが上手くみるみる改善されました。

今後も基礎的な奏法や身体の使い方をサックスを吹く中で身につけていけばとてもいい音色になっていくと思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

バンドで海外フェス参加も!歌心を大切に、正しい奏法やアドリブのコツまで

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

ほぼ初めて楽器を触られるという事で、楽器の基礎的なセッティング、息の出し方や、指使いをお伝えしたのですが、歌をやられている事もあった為か音色は初めてとは思えない程真っ直ぐ太く発音が出来ていました。 勘もとても良くお伝えした事をすぐに反映なさり、たった1時間のレッスンでしたがとても上達なされた...

学生時代にクラリネットをなさっていた事もあり、息圧やマウスピースに対するアンブシュアの作り方などは最初からとても素晴らしかったです^^ 体の使い方1つで少ない息でもサックスは吹きこなせる楽器なので今後もご自分のペースで続けてくださればと思いました。

吹奏楽団に所属されている事もあってか声や音に出して伝えた事を器用にすぐこなされて、とても内容をお伝えしやすかったです。 今後も自分の目指すレベルに着実に進んでいって頂きたいなと思いました。

約一年間、音楽教室でサックスを習われていたという事もあり、スケール練習やフィンガリングなどもスムーズに行えました。 高音に上がれば上がるほど音色のふくよかさが狭まり音程も不安定になる傾向がありましたので、アンブシュア(口の形)の改善や息の流し方をお伝えしたのですが、とても勘を掴まれるのが上手...

サックスを練習していた頃から現在までにブランクがあるとのことでしたがとてもあたたかみのある音を出されていて、今後も磨けばとても良い音になって行くと思いました^ ^ 基礎練習をメインに曲などもやってみて、サックスを自分の歌になるようにお手伝いさせて頂きました。

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta