サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス 東京 荒井アルトサックス教室 レッスンノート 基礎練習、曲の吹き方

基礎練習、曲の吹き方

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンを受けていただきありがとうございました。

基礎もとてもよく出来ています!
ロングトーンの切りは、ぷつっと切るよりは、ターンという感じで自然に音を終わらせるようにしましょう。
音の出だしのタンギングが少し強いので、舌をリードから離すイメージであまり強くならないようにするといいです。

曲では、どんどんビブラートを使っていきましょう!
♩=72 に4つ波ができるはやさでビブラートができるように練習してみてください。曲テンポによってビブラートのはやさは変わりますがまずは、♩=72のはやさでできるようにしましょう。

また、曲を演奏する時には、フレーズの山を意識して吹きます。フレーズの頂点に向かって緊張を高め、頂点からフレーズの終わりにかけて緊張が緩和していく感じです。頂点に向かって少しクレッシェンドして、頂点からフレーズの終わりにかけて少しデクレッシェンドするイメージです。
また、アクセントなどの記号が付いている時は、聴いている人に伝わるように演奏するともっと表情がつくと思います。

場面によって、柔らかい音色にしたい時は、息を真っ直ぐ入れるのではなく、響かせるイメージで息を入れてみてください!

フラジオは、息の向きを上向きにしてヒーっという感じで吹きます。
まずは、通常のファ♯までの音をよく鳴らして、高い音に慣れるといいと思います!
フラジオは、根気よく練習してみてください!

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

体験レッスンを受けていただきありがとうございました! 音階はとてもよく吹けていました! 大きくてしっかりした音で吹くためには、息をたくさん吸えるといいです! 楽器をくわえたまま、口の横から息を吸います! メリーさんのひつじもとてもよく吹けていました! シシシと同じ音が続く時に...

体験レッスンを受けていただきありがとうございました! 久しぶりにサックスを吹くということでしたが、とても良い音が出ていました! 音階は、ト長調をやりました。 とてよくふけていました! 曲は、二重奏をやりました。 四分音符から八分音符、のように音の長さが変わるところのリズムを注...

ありがとうございました! A列車はとてもよく吹けていました! 最後が惜しかったですね! 最後が決まるように練習していきましょう!! 枯葉もアドリブ部分がすらすら吹けていてとても素晴らしいです!! 少しずつテンポを上げていきましょう!

ありがとうございました! A列車で行こうは、とてもよく吹けていました! アドリブ部分は、間違っても大丈夫なので、自信満々に吹けるとよりよくなります!! 枯葉は、ゆっくりなテンポで練習しました! 少しずつ速くしていきましょう!

ありがとうございました! 枯葉は、とてもよく吹けています! 指を覚えてきているので、次は休符からの入りのタイミングが掴めるともっと良くなります! A列車は、久しぶりに演奏しましたが、とてもよく吹けていました! 1番最後の決めが決まるように練習しましょう!

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta