サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス 東京 荒井アルトサックス教室 レッスンノート 音階、学校でやっている曲

音階、学校でやっている曲

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンおつかれさまでした。

音階は、オクターブキーを押さない音から押す音になる時、逆にオクターブキーを押す音から押さない音になる時に、音が繋がるように、指と息を入れることに注意するといいです。
スタッカートは、もっと軽くなるといいです。舌をリードの先端に軽く当てるともっと軽くなります。
楽器の状態が良くないようなので、修理してもらえるといいですね。

曲では、シンコペーションの真ん中の音、付点八分音符を、跳ねるように吹くともっと良くなります!

また、リードは、まろやかな音が出るものを選ぶといいです!
あまり薄すぎず、硬すぎずのリードを選ぶといいです。
今まで薄めのリードを選んでいたようなので、慣れるまでは息が入りにくいと思うかもしれませんが、慣れます!
袋から開けたばかりのリードは、音出しをする程度にして、乾かして、次の日に吹いて、また乾いてと、濡れて乾いてを繰り返して育てます。
何日か育てて演奏に使うといいようです。

アルトは、バリトンよりマウスピースが小さいので、バリトンの時より息を細くすることと、ウの口のように左右から少し力を入れるといいです。
自分の音を聞いて、べーっという音より、響きのあるまろやかな音を目指すと良くなります!

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

体験レッスンを受けていただきありがとうございました! 音階はとてもよく吹けていました! 大きくてしっかりした音で吹くためには、息をたくさん吸えるといいです! 楽器をくわえたまま、口の横から息を吸います! メリーさんのひつじもとてもよく吹けていました! シシシと同じ音が続く時に...

体験レッスンを受けていただきありがとうございました! 久しぶりにサックスを吹くということでしたが、とても良い音が出ていました! 音階は、ト長調をやりました。 とてよくふけていました! 曲は、二重奏をやりました。 四分音符から八分音符、のように音の長さが変わるところのリズムを注...

ありがとうございました! A列車はとてもよく吹けていました! 最後が惜しかったですね! 最後が決まるように練習していきましょう!! 枯葉もアドリブ部分がすらすら吹けていてとても素晴らしいです!! 少しずつテンポを上げていきましょう!

ありがとうございました! A列車で行こうは、とてもよく吹けていました! アドリブ部分は、間違っても大丈夫なので、自信満々に吹けるとよりよくなります!! 枯葉は、ゆっくりなテンポで練習しました! 少しずつ速くしていきましょう!

ありがとうございました! 枯葉は、とてもよく吹けています! 指を覚えてきているので、次は休符からの入りのタイミングが掴めるともっと良くなります! A列車は、久しぶりに演奏しましたが、とてもよく吹けていました! 1番最後の決めが決まるように練習しましょう!

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta