サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス 東京 荒井アルトサックス教室 レッスンノート 音階、オール・オブ・ミー、ブルー・ボッサ

音階、オール・オブ・ミー、ブルー・ボッサ

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

まずはCの音階を2オクターブしました。
高いドから降りてくるときの、真ん中のレから左手中指だけのドは、たくさんキーを離すので、指がバラバラにならないように注意しましょう。

オール・オブ・ミーは、クラリネットの先生に教えていただいたアクセントで、よりジャスのノリで演奏できました!
16分音符もテンポで演奏できていて素晴らしいです。

ブルー・ボッサの前半のテーマの部分は、4小節ごとに始めの音が下がっていくので、それに合わせて音量を小さくしていくように曲を作ってみました。とても雰囲気が出てよかったです。
Dの5小節目の八分音符の塊は、二つずつスラーをつけて演奏しますが、二つずつが離れてしまわないように、全体がスラーでその中に二つずつのスラーがあるように演奏するととてもよかったです!
シ♭がよく出てきますが、基本的には左手の人差し指で小さなキーも一緒に押す、Pを使いましょう。
ラからシ♭、ドからシ♭の時は、右手のサイドキーのTAを使うといいです!
Pのシ♭を使うときには、少し前の音からPを押しておくといいです。
ソ♭からファの時は、右手の薬指のTFを使いましょう。

変え指がたくさん出てきて、混乱しますが慣れていきましょうね!

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

体験レッスンを受けていただきありがとうございました! 音階はとてもよく吹けていました! 大きくてしっかりした音で吹くためには、息をたくさん吸えるといいです! 楽器をくわえたまま、口の横から息を吸います! メリーさんのひつじもとてもよく吹けていました! シシシと同じ音が続く時に...

体験レッスンを受けていただきありがとうございました! 久しぶりにサックスを吹くということでしたが、とても良い音が出ていました! 音階は、ト長調をやりました。 とてよくふけていました! 曲は、二重奏をやりました。 四分音符から八分音符、のように音の長さが変わるところのリズムを注...

ありがとうございました! A列車はとてもよく吹けていました! 最後が惜しかったですね! 最後が決まるように練習していきましょう!! 枯葉もアドリブ部分がすらすら吹けていてとても素晴らしいです!! 少しずつテンポを上げていきましょう!

ありがとうございました! A列車で行こうは、とてもよく吹けていました! アドリブ部分は、間違っても大丈夫なので、自信満々に吹けるとよりよくなります!! 枯葉は、ゆっくりなテンポで練習しました! 少しずつ速くしていきましょう!

ありがとうございました! 枯葉は、とてもよく吹けています! 指を覚えてきているので、次は休符からの入りのタイミングが掴めるともっと良くなります! A列車は、久しぶりに演奏しましたが、とてもよく吹けていました! 1番最後の決めが決まるように練習しましょう!

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta