サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス 東京 守利航のサクソフォンスクール レッスンノート 調整。

調整。

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日のレッスンでは、主に指使いの練習と息の使い方について行いました。

曲やエチュードもやる予定でしたが生徒さんの楽器の調子がおかしく、聞くと調整に一度も出してないとの事。
オクターブキーを押した上の音が少しも出ない状態でした。
サックスには調整が付き物ですから、必ずこまめに調整するようにしましょう。
はっきり言って、楽器の調整も実力のうちです。
僕も初めて買ったセルマーで、当時高校生の頃調整に出すという概念がなく、ずっとそのまま吹いていました。
音大に行くと決めてから初めて先生に調整に出せと言われ、楽器を買ってから三年目にして初めてのオーバーホールにだすと、ビックリするくらい音が違うのです。
それからは一ヶ月に一度、忙しい時でも三ヶ月に一度は必ず出すようにしています。
それだけでだいぶ変わります。

サックス上達の為の道のりとして、腕のいい調整士を見つける事もかなり大切だと思いますよ!
このレッスンノートを書いたコーチ

有名音楽家との共演多数の先生!理想に近づくための練習法をやさしく提案

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta