音楽教室サックス教室アルトサックスレッスンノート 中音域の音出しとタンギングについて

中音域の音出しとタンギングについて

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスン、どうもお疲れ様でした〜

今日は初めてということもあり、マウスピースの取り付け方や構え方など簡単に説明を行って、実際に音出しをしてみました

本体を付けた練習では、身体に余計な力が加わりやすく、音もスムーズに出にくいこともあるため、慣れるまでの間は、マウスピースとネックだけでの音出しをウォームアップとして10分、15分されると、本体を通した時に、比較的吹きやすくなるかと思います

マウスピースとネックだけの練習が安定してくると、本体を付けても同じような感触で出せるようになっていきます

ストラップの長さの調節と、マウスピースを咥える際の注意点をもう一度整理して、息をやや下向きに入れつつ、音出しをよ〜く練習されてみて下さい

咥えてからは、口周辺が動かないように気をつけましょう!

タンギングについても少し触れてみましたが、マウスピースに息の圧力をかけた状態で、舌を離すことによって音が鳴る状態をイメージして、何度となく練習されてみて下さい

スケールについては、ソからオクターブ上のソまでを吹いてもらいましたが、アンブシュアを安定させるためには、ロングトーンとスケール練習が有効的ですので、今後少しずつやっていきましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

イベント、ラジオで活躍中の先生のいいとこどりレッスン

0から始めるサックス教室
茂木達己 (アルトサックス)

新宿・高田馬場・国分寺・江古田・練馬・上石神井・新所沢・本川越

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta