サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス 東京 0から始めるサックス教室 レッスンノート ヴィブラートの練習と、高音域と低音域の運指について

ヴィブラートの練習と、高音域と低音域の運指について

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスン、お疲れ様でした〜

今日は初めに、チューナーで音合わせを行ってから、Gのスケールを使って、ヴィブラートの練習をしてみました

サックス自体、音程が不安定であることからも、自分で各音程の調整を行うことは必要不可欠です

音を一定に延ばしてチューナーに合わせることで、口の周りの筋肉が鍛えられると同時に、各音に対するアンブシュアの力加減を、毎回の訓練によって確立させていくことができます

自分の楽器の性質を知る上でも、それぞれの音が高くなりやすいのか、低くなりやすいのかを見極めていきましょう!

ヴィブラートについては、これから随時やっていくつもりですが、初めのうちは思うようにかかりにくいこともあって、敢えて下顎を意識して動かして、メトロノームに合わせた練習をされてみて下さい

その他、高音域と低音域の運指を確認し、音出しを行いました

どちらも出しにくい部分ですが、今日ひと通り鳴らせていましたので、慣れてくるにつれて、しだいに出せるでしょう…

曲については、テーマ部分を練習してみました

スイング曲の取っ掛かりとして、なんとなくでも、感じをつかんでいただけたらと思います

その他、♭系の調号について、お伝えしました
このレッスンノートを書いたコーチ

イベント、ラジオで活躍中の先生のいいとこどりレッスン

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

今日は初めに、コードに音を乗せるための、フレーズ作りから行いました 4小節のスペースを、スケールなどを使って組み立てていただき、実際テンポに合わせて練習してみました ♩=160の速さまで上げていきましたが、特に違和感も感じられず、スムーズな流れになっていたように思います パタ...

レッスンノートが遅くなりまして、大変申し訳ありません 昨日は初めに、Fのスケールを使った、スイングの練習から行いました テンポ♩=80でやっていきましたが、運指も滞ることなく、よく出来ていたと思います Fのスケールは、よく使われるスケールですので、テンポが速くなってもスムーズに動...

今日は初めに、Dのスケールを使った、2拍3連の練習から行いました テンポ♩=80でやっていきましたが、もう一つ類似したリズムとの違いを認識してもらいつつ、交互に練習してみました 後半になるにつれ、そのリズムの違いも明確になっていきましたので、今後の練習で更なる習得を目指していきまし...

今日は初めに、ハーフタンギングの練習から行ってみました 実際の演奏では、音を呑む時や同じ音を連打するような際に使いますが、普通のタンギングと大きく違う点は、息の流れを止めずにタンギングをする点です しっかり音を切るタンギングとは対照的に、息の流れを遮断せずタンギングをするため、若干音が...

今日は雨の中、遠方から有難うございました 楽器を初められて1年ということで、現時点でのスキルを確認すべく、音出しやタンギングなどをやっていただきました 1年というと、アンブシュアなどがようやく安定してきたかどうかという微妙な歳月かと思われます 最初の頃に比べると、体の余分な力...

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta