音楽教室サックス教室アルトサックスレッスンノート ヴィブラートの練習と、高音域と低音域の運指について

ヴィブラートの練習と、高音域と低音域の運指について

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスン、お疲れ様でした〜

今日は初めに、チューナーで音合わせを行ってから、Gのスケールを使って、ヴィブラートの練習をしてみました

サックス自体、音程が不安定であることからも、自分で各音程の調整を行うことは必要不可欠です

音を一定に延ばしてチューナーに合わせることで、口の周りの筋肉が鍛えられると同時に、各音に対するアンブシュアの力加減を、毎回の訓練によって確立させていくことができます

自分の楽器の性質を知る上でも、それぞれの音が高くなりやすいのか、低くなりやすいのかを見極めていきましょう!

ヴィブラートについては、これから随時やっていくつもりですが、初めのうちは思うようにかかりにくいこともあって、敢えて下顎を意識して動かして、メトロノームに合わせた練習をされてみて下さい

その他、高音域と低音域の運指を確認し、音出しを行いました

どちらも出しにくい部分ですが、今日ひと通り鳴らせていましたので、慣れてくるにつれて、しだいに出せるでしょう…

曲については、テーマ部分を練習してみました

スイング曲の取っ掛かりとして、なんとなくでも、感じをつかんでいただけたらと思います

その他、♭系の調号について、お伝えしました
このレッスンノートを書いたコーチ

イベント、ラジオで活躍中の先生のいいとこどりレッスン

0から始めるサックス教室
茂木達己 (アルトサックス)

新宿・高田馬場・国分寺・江古田・練馬・上石神井・新所沢・本川越

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta