音楽教室サックス教室アルトサックスレッスンノート 高音域、低音域の音出しと、動かしにくい運指の練習

高音域、低音域の音出しと、動かしにくい運指の練習

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスン、お疲れ様でした〜

今日は初めに、チューナーで音合わせを行い、半音階の音を、上から下まで確認してみました

高い方の音域は、最初の頃は出しづらいこともあり、口が締まり気味になる傾向にありますが、オクターブのラの音を出すような締まり具合で、最高音のファ♯までを出すことが可能で、締め過ぎに注意が必要です

低い音域については、指がポジションに届きにくいこともあって、他の指が押さえきれなかったり、指の押さえに気を取られて、口が崩れたりと、慣れるまでに時間がかかるかと思います

高音域や低音域は、使用頻度が少ないこともあって、後回しにしがちですが、やりやすい運指部分とともに並行して練習されていくと、回数をこなすほどに慣れていくと思います

その他の動かしにくい運指についても、薬指と小指が連動するところは、今日やったような練習で、スムーズに動かせるようにしていきましょう!

前回のスイングのリズムについても、少しおさらいしてみました
このレッスンノートを書いたコーチ

イベント、ラジオで活躍中の先生のいいとこどりレッスン

0から始めるサックス教室
茂木達己 (アルトサックス)

新宿・高田馬場・国分寺・江古田・練馬・上石神井・新所沢・本川越

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta