音楽教室サックス教室アルトサックスレッスンノート レッスン、お疲れ様でした〜

レッスン、お疲れ様でした〜

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は初めに、B♭のスケールをノータンギングで練習してみました

低い音域のB♭やCの音は、初めのうちは思うようにいかない出し難い部分で、かなりの練習量がないと上手く出せません

息の圧力をかけてから、躊躇せず、思い切りのよいタンギングをすることによって、音が出る仕組みですが、息の圧力が足りなかったり、出るか出ないかを不安に考えつつ躊躇してしまうと、音が外れてしまう傾向があります

低い音域だけに的を絞って、タンギング練習を続けられると、そのうち出し方のコツを見いだせてくると思いますので、諦めずにやられてみて下さい

曲に関しては、ひとまず最後まで通してみましたが、次回マイナスワンで通してから、次の曲に入っていきたいと思います

シンコペーションの裏の音を、しっかりとタンギングすることや、裏から入る部分のタイミングを遅れさせないなど、ひと通り見直しされるといいかもしれません

スイングの感じは、だいぶ掴めてきていますので、色々な曲を通じて、理解度を深めていきましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

イベント、ラジオで活躍中の先生のいいとこどりレッスン

0から始めるサックス教室
茂木達己 (アルトサックス)

新宿・高田馬場・練馬・上石神井・新所沢・本川越

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta