音楽教室サックス教室アルトサックスレッスンノート クラシック、ジャズなどにおけるアンブシュアの違い。

クラシック、ジャズなどにおけるアンブシュアの違い。

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回の生徒さんは、元々他の教室で習っていた方でした。

まずはその教材を使い基礎練習を聴かせて頂き、構え方やアンブシュアについてアドバイスさせて頂きました。

その後、お持ちの教材の練習曲を使用し、アーティキュレーション、抑揚、聴き手への伝え方などをレッスンさせて頂きました。

元々の教室ではジャズの吹き方を習っていたようでしたが、生徒さんのお話を伺うとジャズなどのジャンルこだわらずサックス自体のレベルを上げたいとの事でしたので、終盤は私の貸し出し用のマウスピースを使いクラシック向きのアンブシュアやセッティングの変化による音質の変化を体験して頂きました。

サックスはアンブシュアやセッティングで音質や向いている奏法が大きく変わります。
ですので、ご自身が演奏したいジャンルに適したセッティングやアンブシュアをオススメしますし、色々なジャンルを吹けるようになりたいとの事でしたら、オールマイティに対応出来るセッティング等をおすすめします。
このレッスンノートを書いたコーチ

有名音楽家との共演多数の先生!理想に近づくための練習法をやさしく提案

守利航のサクソフォンスクール
守利航 (アルトサックス)

川崎・渋谷・新宿・溝の口・立川・八王子・国分寺・幡ヶ谷・調布・府中・聖蹟桜ヶ丘

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta