音楽教室サックス教室アルトサックスレッスンノート レッスン、お疲れ様でした〜

レッスン、お疲れ様でした〜

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は初めに、Fのスケールを使って、16分系のリズムパターンを練習しました

高音域を出す際に気をつけるポイントとして、口を必要以上に締め過ぎないよう注意してみて下さい

音を出す際の注意点としては、まず身体をリラックスさせること
口の形を定めて、その形を崩さないように、息をやや下向きに入れるようにします

腹式呼吸がちゃんと出来ている場合は、上唇がしっかりと締まり、口も安定しますが、肺呼吸の割合が高い場合は、上唇が自然には締まらず、音にも芯が出にくい状況を作ってしまいます

必ずマウスピースに、息の圧力をかけ、タンギングによって音が瞬時に出る状態を、毎回作るようにしていきましょう!

音が開いてしまう時には、必ずどこか吹き方がおかしいので、また新たに咥え直して、いい状態の回数を増やしていきましょう!

口が安定するためには練習しかないので、大変な作業かと思いますが、地道に理想の状態に近づけていただけたらと思います

その他、和音記号と終止形の復習を行いました
このレッスンノートを書いたコーチ

イベント、ラジオで活躍中の先生のいいとこどりレッスン

0から始めるサックス教室
茂木達己 (アルトサックス)

新宿・高田馬場・国分寺・江古田・練馬・上石神井・新所沢・本川越

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta