サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス 東京 0から始めるサックス教室 レッスンノート レッスン、お疲れ様でした〜

レッスン、お疲れ様でした〜

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は初めに、Fのスケールを使って、16分系のリズムパターンを練習しました

高音域を出す際に気をつけるポイントとして、口を必要以上に締め過ぎないよう注意してみて下さい

音を出す際の注意点としては、まず身体をリラックスさせること
口の形を定めて、その形を崩さないように、息をやや下向きに入れるようにします

腹式呼吸がちゃんと出来ている場合は、上唇がしっかりと締まり、口も安定しますが、肺呼吸の割合が高い場合は、上唇が自然には締まらず、音にも芯が出にくい状況を作ってしまいます

必ずマウスピースに、息の圧力をかけ、タンギングによって音が瞬時に出る状態を、毎回作るようにしていきましょう!

音が開いてしまう時には、必ずどこか吹き方がおかしいので、また新たに咥え直して、いい状態の回数を増やしていきましょう!

口が安定するためには練習しかないので、大変な作業かと思いますが、地道に理想の状態に近づけていただけたらと思います

その他、和音記号と終止形の復習を行いました
このレッスンノートを書いたコーチ

イベント、ラジオで活躍中の先生のいいとこどりレッスン

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

レッスンノートが遅くなりまして、申し訳ありません 昨日は初めに、音出しを10分〜15分程度行ってから、Am のスケールを使った、スイングの練習をやっていきました 毎回、音出しに時間を費やしていますが、今後に先駆けて、練習効率をアップさせる目的をも睨みながら、長期的な視野で取り組んで...

昨日は初めに、音出しに少し時間を割いていただき、息の入れ方や、構えている時の状態などについて、調整を行いました 息をどのように入れたかによって、音の質は大きく変わってきますが、体に余計な力が加わると、それが音にそのまま反映されてしまいます 吹き初めの10分、15分の作業は、その日の...

今日は初めに、アドリブの練習から行いました まずは、曲のテーマを伴奏に合わせてもらい、間奏とエンディングのそれぞれ8小節間を、スケールの音を使って、自由に演奏していただきました テンポはゆっくりですが、16分系のリズムになりますので、アドリブする際も、テーマに書かれているリズムを参...

今日は初めに、Gのペンタトニックの練習から行いました テンポ♩=50〜60の速さで、前回と違うパターンでさらっていき、低音域からフラジオGまでの動きを確認していきました 最低音BとフラジオGを使うところ以外は、ほぼほぼ動かせていたように思いますが、何度もやり直された箇所については、...

レッスンノートが遅くなりまして、申し訳ありません 昨日は初めに、音出しに少し時間を割いていただいてから、Am のスケールを使ったスイングの練習を行いました テンポ♩=70でさらっていき、運指やリズムの確認をしていきました 今はまだ、運指そのものに馴染みが薄いこともあって覚束な...

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta