音楽教室サックス教室アルトサックスレッスンノート レッスン、お疲れ様でした〜

レッスン、お疲れ様でした〜

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は初めに、オーバートーンの練習を行いました

低音部の音出しは、しっかりした音が出しずらい、やりにくい部分ですが、躊躇なく思いきって出すことが重要です

音が裏返ることを予め想定しつつ、アンブシュアを崩さないように、大きな音で吹くようにしてみて下さい

初めのうちは、裏返ることも多いかと思いますが、練習していくうちに慣れて、いずれは裏返らなくなっていきます

Em のスケール練習では、タンギングを付けずにやってみました
特に高音域は、運指も難しいため、また少しずつ練習していきましょう!

曲については、音の強弱(ダイナミクス)をうまく演出することで、その曲が本来持つ叙情的な部分を、上手に引き出せるかと思います
ヴィブラートを多用しつつ、雰囲気が出せるように、1音1音、心で演奏していきましょう!

音が跳躍することで起こる、アンブシュアの乱れは、ロングトーンの練習が足りていなかったり、スケール練習によって、ある程度賄うことができます

腹式呼吸と上手く連動させつつ、不足している部分の練習に、なるべく時間をかけてみて下さい

その他、単音程と複音程、転回音程について、お伝えしました
このレッスンノートを書いたコーチ

イベント、ラジオで活躍中の先生のいいとこどりレッスン

0から始めるサックス教室
茂木達己 (アルトサックス)

新宿・高田馬場・国分寺・江古田・練馬・上石神井・新所沢・本川越

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta