音楽教室サックス教室アルトサックスレッスンノート レッスン、お疲れ様でした〜

レッスン、お疲れ様でした〜

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は初めに、高音域と低音域の音出しから練習してみました

音色も音質自体もよい状態でありますので、特に出しにくい部分の音出しについては、アンブシュアが崩れないように気をつけてみて下さい
音が上手く出ない時は、アンブシュアが崩れていることが概ねですので、音が出ないからといって、無理に出そうとはせず、アンブシュアが崩れないことに注意を払ってみて下さい

その他、リードなどに問題がある場合もありますが、楽器自体に問題がなければ、いかにアンブシュアを崩さず、それを維持して安定させられるかがポイントとなりますので、ロングトーンを多めに取り入れるなどして、どの音域へ行ってもアンブシュアがなるべく変わらないように、練習を行ってみて下さい

曲に関しても同じ要領で、音が跳躍したりしても、アンブシュアがそれによって揺るがない状態になってくると、自然にいい状態へと近づけていけますので、音色にも配慮しつつ、音が開かないように気をつけていきましょう!

その他、音符と休符についてお伝えしました
このレッスンノートを書いたコーチ

イベント、ラジオで活躍中の先生のいいとこどりレッスン

0から始めるサックス教室
茂木達己 (アルトサックス)

新宿・高田馬場・国分寺・江古田・練馬・上石神井・新所沢・本川越

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta