音楽教室サックス教室アルトサックスレッスンノート 今日もアディオスノニーノをやりまし...

今日もアディオスノニーノをやりまし...

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日もアディオスノニーノをやりました。

まず前回の復習をしましたが、倍テンポでやるのは良いですが、せっかくゆっくりやるのであれば、アクセントやスタッカートなどのアーティキュレーションをしっかり確認しながら吹く様にしましょう。
また、スラーのあとにスタッカートが来る場合の前の音の処理ですが、音を止めすぎないようにして、少し隙間を開けるような感じに吹きましょう。

中間部ですが、やりにくいリズムは一番後ろの4拍目から順に前へ戻っていくように練習するとうまく行きます。

また、リズムパターンを覚えるには、ゴロ合わせも有効です。
自分の覚えやすい言葉を乗せて唄って覚えると良いと思います。

あと、長い音符の拍を数えていないことが多いようです。
気が抜けてしまうのかもしれませんが、入りの位置がおかしくなりますので、しっかり拍数分伸ばして、次に入るようにしましょう。
(休符も同じです)

前回より、かなり上達しています。
この調子で練習を重ねていけば、アンコンまでにはある程度のところまではいけると思います。
しっかり復習して、頑張っていきましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

二兎を追う者もOK!吹奏楽~ジャズもきめ細かいアドバイスで

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta