音楽教室サックス教室アルトサックスレッスンノート 今日は、音の出し方の確認から始めま...

今日は、音の出し方の確認から始めま...

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は、音の出し方の確認から始めました。
まだ、吹き始めに下あごをしゃくるクセがあるようで、それがオクターブ上の音が出てしまう原因になっていると思われます。
あとはとにかく脱力することですね。

ただし、練習8をやったときのように、脱力しすぎると音程が下がってしまったり、音がかすれてしまいます。

今はまだ、両極端になっていて、ちょうどいい感じの吹き方が出来ていないだけだと思います。
リラックスして吹けば、いい音色で吹けていますので、とにかく繰り返し練習あるのみだと思います。

少し時間はかかるかもしれませんが、じっくりここをやっておけば必ず後が楽になります。

気分転換で練習5以前のものを取り入れながらやっていきましょう。

低音域のファミレドはとてもいい音でした。
このイメージを忘れずにいきましょう!

このレッスンノートを書いたコーチ

二兎を追う者もOK!吹奏楽~ジャズもきめ細かいアドバイスで

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta