音楽教室ギター教室アコースティックギターレッスンノート 力や手首、肘の使い方は

力や手首、肘の使い方は

アコースティックギター教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした!

今日の感じでは、曲の進行やコード感は大体、頭に入っているので、
今後は精度を高めていくようにするといいと思います!

力や手首、肘の使い方は長く弾いていくうちに自然と収まるところに収まるので
「こういう使い方かな?」というイメージを常に意識して練習してみてください!


今日の内容は

1.しっかり音を出す

・しっかり音を出すのに慣れていないと、いざ!という時にしっかりした音が出ません。
・しっかり音が出ていると、練習のときでも「この音が出ていない」など、気付くことも多くなります。

・ストロークは、親指なら爪の角の硬い指先を使って弦を引っ掛けます。
・人差指などの場合は、爪で弾くように勢いよく弾きます。


2.コードを正確に弾く
・曲を弾いていると必ず、うろ覚えな部分があります。
・かなりの高確率でその部分でつっかえると思います。
 その部分を正確に覚えるようにすると曲を通して間違えたり、つっかえることがなくなるので、
 「ここ間違えるんだよなー」という部分は、立ち止まって集中的に練習してみてください!


3.セーハ、部分セーハ

・セーハするときは、人差指の側面の骨を利用します。
・少しだけ指を外に倒し、親指と挟み込むようにして押さえるようにしてみてください。
・セーハで使う筋肉は「親指の付け根」なので、それ以外が痛くなったときは変な力を使っている証拠です!押さえ方を見直してみてください!

・部分セーハは、「当たり前」のように出てくることが多いです。
・指4本で、弦6本を押さえるので、必ずといっていいほど、どこかの指で2本押さえています。
・特に、人差指での部分セーハは重要なので出来るようになって損はありません!

コツとしては
・人差指を「カギヅメのように引っ掛けて引っ張る」感じです。
・引っ張った力を、親指で返すようにネックを突っ張って、力を循環させます。
・人差指と親指だけでサークルを作れると、他の指を操作する余裕も出てきます。


4.ムリヤリ弾く!!

・ギターが上手くなるのに、必須なのがこれです!(笑)
・イメージがわかっていても、体がいうことを利かないのでギターが弾けないわけです

・これを突破するには、ムリヤリ(繰り返し)体にイメージを植えつける以外、手がありません。
・出来ないところは、「違う!違う!」といいながら、繰り返しイメージと体と音を
 一致させるように練習してみてください!


基本的な力の使い方や指の形は、かなり良くなっています!
ここからは、時間と量(一番難しいところですが)で感覚を定着させる段階です。

まだまだやっていないテクニック面はありますが、力の使い方を覚えてしまえば
3段飛ばしぐらいで上達していけるので、時間があれば、ちょっと練習してみてください!
このレッスンノートを書いたコーチ

カフェバーを中心に活躍中!即興演奏に定評あり。上達のヒントを提供

レッスンノート ページ先頭へ

アコースティックギター情報

サイタのアコースティックギター講師がブログを通して、アコースティックギター情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アコースティックギターの先生

@AGuitarCyta