サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター 神奈川 吉澤秀人のアコースティックギター教室 レッスンノート 運指練習、3パターンと「ひこうき雲」のイントロ四小節。

運指練習、3パターンと「ひこうき雲」のイントロ四小節。

アコースティックギター教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

 お疲れ様でした!
薬指スタートの往復ドレミファソラシドは、だいぶリズムにも合いながら指がスムーズに動いていました。
 小指を使った、中指スタートと人差し指スタートのパターンは、指がまだ開いていないので、メトロノームに合うのがぎこちないですが、つまずいたらアタマに戻って、メトロノームのリズムをしっかりカウントしながらゆっくりと正確に、フレットの真ん中を捉えられるよう、練習していってみて下さい。
指が覚えてきたら少しずつテンポを上げてみましょう。

「ひこうき雲」のイントロ四小節をアルペジオでやりました。2小節目のGメジャー7は、六弦の3フレットをしっかり鳴らして、要となる一弦の2フレットを人差し指でフレットの真ん中をしっかり捉えることです。F#m7は薬指一本で2フレットの2.3.4弦を抑えて、人差し指で六弦の2フレットを抑える同じフレットに指が二本ある状態でいいと思います。

目的・種類別にアコースティックギター教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

お疲れ様でした! 「LET IT BE」のインタールードの(E.piano)とある2小節間の1小節目のB♭からFに二連符するところに、ピアノならではのコードがあるのを説明しました。 B♭は二弦の3フレットと五弦の1フレットの省略コードで、次のFは五弦を解放して、Aの音を鳴らして、F/A...

 お疲れ様でした! 「マザーネイチャーズサン」のDからDm7に移ってからの小指が一弦の3フレットをハンマリングするように説明しましたが、Aの音が鳴っているので、その小指を3フレットから5フレットにスライドしてからD/Gにチェンジして下さい。 リードパートのセクションでは、最初の四弦...

 お疲れ様でした! 「WINDY AND WARM」の11小節目から19小節くらいまで頑張って頂きました。 12.14.16小節に入る前はハンマリングで解放から二弦1フレット、三弦2フレットを打って下さい。 ゆっくりしたテンポで、拍に合わせて練習してみて下さい。1拍ずつ動...

お疲れ様でした! 「ブラックバード」をイントロから説明しました。 イントロは変拍子で、三拍子と四拍子の2小節です。 ひたすら三弦解放弦を拍ウラに親指で弾いて行くようにします。 歌始まりは三拍子が2小節あり、3.4小節が四拍子、5小節目に二拍子が入り、リピートマークまでは四拍...

お疲れ様でした! 「LET IT BE」の構成のアレンジはほぼ原曲のままでいいかと思いますが、ギターソロの前は2小節でいいですね。間奏のギターソロも弾き語りの場合は省略しても大丈夫ですね。 キーは原曲よりも一音半上げE♭がしっくりきてたようなので3カポにして、Cでプレイしましょう。...

レッスンノート ページ先頭へ

アコースティックギター情報

サイタのアコースティックギター講師がブログを通して、アコースティックギター情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アコースティックギターの先生

@AGuitarCyta