音楽教室ギター教室アコースティックギターレッスンノート 「Hey Jude」とコードA、D、E

「Hey Jude」とコードA、D、E

アコースティックギター教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日はレッスンお疲れ様でした!

今回は「Hey Jude」を振り返った後、コード弾きにチャレンジしていただきました。

基本的に単音弾きのフォームも綺麗にできていますので、コードをやってみました。

初めて(?)にしてはしっかり音を鳴らせていたので、コードもやっていきましょう。

それでは今回のポイントをまとめます。


☆「Hey Jude」
◎2段目2小節目
・1弦5フレットは小指で押弦しましょう。

◎2段目4小節目
・4弦4フレットは薬指で押弦します。

◎6段目1小節目
・1弦の2・3・5フレットは、それぞれ人・中・小で押弦します。

◎6段目2〜3小節のリズム
・ここは拍子が変わる「変拍子」になっています。
 2小節目は1弦5フレットを4拍伸ばします。
 3小節目は2/4拍子(1小節に4分音符が2拍)です。
 1拍目は休符、2拍目で2弦3フレット→5フレットのハンマリングとなります。
 この後、「D.S.(ダル・セーニョ)」で1段目2小節目に戻ります。

◎2段目3小節目(to coda)
・3回目の繰り返しのあと、ここから7段目の「Coda」に飛びます。

◎7段目2小節目
・ハンマリングの連続ですが、これは全て人・中指で行うとよいと思います。
 3小節目の1弦15フレットは薬指で押弦しましょう。


☆コード
今回は思い切ってコードに挑戦していただきました。
しっかり音も出ていましたので、指は痛いと思いますが、やっていけば早く曲が弾けるようになると思います。
まずは3つの音で構成される「3音コード」からやっていきました。
いろいろと説明しましたが、今は覚えていただく必要はないので、下にまとめる内容と、押さえ方だけ押さえておいてください。

◎コード全体に共通する事項
・人指し指の付け根はネックの下部に付ける
・親指と人指し指の間をネックにつけて、しっかり握る
・手のひらは、人指し指から小指に向かって段々とネックから離れるように、斜めにする
・指はヘッド側からボディ方向に、斜めに出るようにする

◎コードチェンジ
・A→D
 薬指を3フレットにずらしてから人・中を移動
・D→E
 人指し指を1フレットにずらしてから中・薬を移動
・E→A
 中・薬指を弦2つ分下に移動してから人指し指を移動

まずは、1小節に1回上から下に弾いて、コードの形とコードチェンジを練習室しておいてください。
|A |D |E |A |の繰り返しです。
このレッスンノートを書いたコーチ

全国大会で審査員特別賞ほか、数々の賞を受賞。一歩一歩丁寧に指導します

弾き語り初心者アコースティックギター教室
荒井直人 (アコースティックギター)

新大阪・天王寺・弁天町・福島・天満・寺田町・南田辺・鶴ケ丘・長居・鳳・難波・中百舌鳥...

レッスンノート ページ先頭へ

アコースティックギター情報

サイタのアコースティックギター講師がブログを通して、アコースティックギター情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アコースティックギターの先生

@AGuitarCyta