音楽教室ギター教室アコースティックギターレッスンノート ダイアトニック・コード、「赤い糸」

ダイアトニック・コード、「赤い糸」

アコースティックギター教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

昨日はレッスンお疲れ様でした!

今回は、ダイアトニック・コードについてのお話と「赤い糸」のポイントについて確認していきました。

☆ダイアトニック・コードについて
あるスケール上の音を1つ飛ばしに積み上げた「コード」を、ルート音がスケールの順番になるよう並べたものが「ダイアトニック・コード」です。
詳しい解説は資料を読んでいただく方がよいかと思います。
基本的に、あるキーの曲で使われているコードは、そのキーのダイアトニック・コードとなっています。
気を付けたいのは、「キーの基準音からの距離」(Cメジャーキー上のD音はC音から2度 etc.)と「各コードのルート音からの距離」(Dmコードの短3度はF音 etc.)を同じ「度数」という概念で表すために、話を混同しやすいことです。
度数を考える時には、キーの話なのか、コードの話なのか、これをしっかり区別して、別物として考える必要があります。

☆「赤い糸」
◎イントロのアレンジについて
イントロ部分は、メモでお渡ししたように、ルート音と1〜3弦を使ってコードを1発ずつ鳴らすと、静かに始まる雰囲気が出るかと思います。

◎Bmのルート音について
Bmのルート音は、5弦2フレットのB音になります。
イントロのBm / F#では6弦がF#音ですが、これと混同しないように注意しましょう。
押さえる際に、6弦は人指し指の指先でミュートするとよいでしょう。

◎3フィンガーの使用について
この曲に関しては、いわゆる3フィンガーと呼ばれる細かいアルペジオよりも、8分音符のみのアルペジオで淡々と弾く方が合っているかと思います。

◎Bメロ後半部分の E→E sus4→E→E7 の弾き方について
弾き方の詳細はメモにお示ししましたが、1拍目と2拍目のEとEsus4は6弦・4弦・3弦、3拍目と4拍目のEとE7は5弦・3弦・2弦を使うと、メロディをなぞるような形で綺麗だと思います。

◎ラストサビのアレンジについて
最後のサビはストロークで盛り上げるようにしましょう。
曲を聴いていただくと、後半部分でキメが入る部分がありますので、これも再現できるといいかと思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

全国大会で審査員特別賞ほか、数々の賞を受賞。一歩一歩丁寧に指導します

弾き語り初心者アコースティックギター教室
荒井直人 (アコースティックギター)

新大阪・天王寺・弁天町・福島・天満・寺田町・南田辺・鶴ケ丘・長居・鳳・難波・中百舌鳥...

レッスンノート ページ先頭へ

アコースティックギター情報

サイタのアコースティックギター講師がブログを通して、アコースティックギター情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アコースティックギターの先生

@AGuitarCyta