音楽教室ギター教室アコースティックギターレッスンノート 「空も飛べるはず」ハンマリング、スライド、間奏のストローク

「空も飛べるはず」ハンマリング、スライド、間奏のストローク

アコースティックギター教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

昨日はレッスンお疲れ様でした!

今回も基礎練習と「空も飛べるはず」をやっていきました。

☆基礎練習
ピックが先に弦に当たってしまっていることがありますので、この点は引き続き注意してやってみてください。

☆「空も飛べるはず」
◎イントロ
5弦3フレットと2フレットの薬指・中指の使い方は意識されて良くなっていましたね!
ハンマリングとスライドの部分を今回は重点的にやりましたので、ポイントまとめておきます。

●ハンマリング
今回のレッスンで少し改善が見られましたので、以下の点を意識して引き続き練習してみてください。
・中指だけではなく、手全体の力を使って行いましょう。
・中指はなるべく高く上げて、ハンマリングする際に勢い良く叩きつけましょう。
・右手のピッキングが終わってから左手中指を打ちつけるようにしましょう。
 左手のハンマリングのタイミング過ぎるとしっかりと音が鳴りません。

●スライド
次回しっかりとやってみたいと思いますが、フレットを通過する際に少し押さえる力が弱くなっています。
フレットを通過する時にも押弦する力を弱めずに行いましょう。

◎コード弾き
コード弾きについては概ねよくできていたと思います。
ストロークについても、これまでやった部分は問題なくできていましたよ。
Fのコードはやはり難しいコードですので、なかなかコードチェンジがうまくいかないかと思います。
ただ、Fの押さえ方についても、少しコツが見えてきたようなので、その感覚をしっかりコードチェンジでも感じられるようにしましょう。
まず、Am→F、E→Fなど、一つのコードチェンジを繰り返して、うまく収まる手の動かし方を掴んでください。

◎間奏のストローク
今回は間奏のストロークを新しくお伝えしました。
前の音のウラから入る「シンコペーション」という手法を用いたストロークです。
レッスンの時にもしっかりできていましたので、大丈夫かと思います。
ストロークのアップ・ダウンは以下のようになります。

|↓ (↑) ↓ ↑ (↓) ↑ ↓ ↑| (↓) ↑ ↓ ↑ (↓) ↑ ↓ ↑|

このストロークについても、練習してみてください。

なかなか全体通しては難しいかもしれませんので、セクションに分けてまずは練習してください。
このレッスンノートを書いたコーチ

全国大会で審査員特別賞ほか、数々の賞を受賞。一歩一歩丁寧に指導します

弾き語り初心者アコースティックギター教室
荒井直人 (アコースティックギター)

新大阪・天王寺・弁天町・福島・天満・寺田町・南田辺・鶴ケ丘・長居・鳳・難波・中百舌鳥...

レッスンノート ページ先頭へ

アコースティックギター情報

サイタのアコースティックギター講師がブログを通して、アコースティックギター情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アコースティックギターの先生

@AGuitarCyta