サイタパソコン教室・IT資格動画編集ソフト入門講座After Effects 東京 楽しいAfter Effects入門講座 レッスンノート キーフレームのおさらいとCC Particle World

キーフレームのおさらいとCC Particle World

After Effects(アフターエフェクツ)使い方入門講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日のレッスン内容です。

前半は前回のキーフレームのおさらいと、
追加で何点かお教えしました。

後半は「CC Particle World」の設定を一緒に操作しながら
レッスンいたしました。
お話ししていた「CC Particle World」の設定は下記を確認してください。
お疲れ様でした。

またよろしくお願い致します。


Birth Rate パーティクルの発生量を調整
Longevity(sec)パーティクルの寿命を調整(でてきてから消えるまでの時間)
Producer パーティクルが発生する位置と大きさの調整
・Position X X座標の位置を設定
・Position Y  Y座標の位置を設定
・Position Z Z座標の位置を設定
・Radius X  X方向への大きさの設定
・Radius Y  Y方向への大きさの設定
・Radius Z  Z方向への大きさの設定
Physics パーティクルの物理的なコントロールを行う
▷Animation 動きの種類を選択できる
・Explosive すべての方向に均等にパーティクルがでる
・Direction Axis [Direction]での設定した軸に応じてパーティクルがでる
・Cone Axis [Direction]での設定した軸に応じて円錐状にパーティクルがでる
・Viscouse すべての方向に均等に噴き出すが[Extra]によって速度が変化
・Twirl 一定方向に回転しながら噴き出すが[Extra]によって速度が変化
・Twirly ランダムに回転しながら噴き出すが[Extra]によって速度が変化
・Vortex 上と横に広がりながら噴き出す
・Fire 炎のように立ち昇る
・Jet Sideways [Producer]の移動に合わせて変化するので、[Producer]にキーフレームを打ちコントロール
・Fractal Omni フラクタルモデルによる計算された広がり
・Fractal Uni 激しく噴き出す
▷Velocity パーティクルの発生速度の調整を行う
▷Inherit Velocity パーティクル発生時の速度の維持を設定
[Position]をキーフレームでアニメートしている場合に有効
数値をマイナスにすると噴射炎のような効果が
▷Gravity 重力の強さを設定
▷Resistance 空気抵抗を設定
▷Extra 動きにランダムな変化を加える
▷Extra Angle [cone Axis]の広がり、[Twirly]の回転の速度を変化させる
▷Floor
・Floor Position Floorの表示位置を設定
・Particle Visibility  パーティクルのFloorに対する位置を設定
・Render Animation  アニメーションオプションを選択
・Floor Action  パーティクルが床に当たった後の動きを選択
・Bounciness  床にぶつかった後の跳ね返りの強さを設定
・Random Bounciness  床にぶつかった後の跳ね返りのランダム値を設定
・Bounce Spread  床にぶつかった後の跳ね返りの広がりを設定
▷Direction Axis Axis(左上にでる方向性のコントール)の方向をX,Y,Zで設定
▷Gravity Vector 重力値をX,Y,Zで節制
Particle
パーティクルの形や大きさ、色などを設定できる
▷Particle Type パーティクルの形を選択
・Line 線状
・Star 星の形
・Shaded Sphere 外側が暗い球
・Faded Sphere 外側をぼかした球
・Darken&Faded Sphere 外側を暗くぼかした球
・Bubble 内側をぼかした球(しゃぼん玉のようになる)
・Motion Polygon ポリゴン
・Motion Square 四角のポリゴン
・TriPolygon 三角のポリゴン
・QuadPolygon 四角のポリゴン
・Textured TriPolygon 「Texture Layer」で選んだ素材 を反射した三角形の3dポリゴン
・Textured QuadPolygon  「Texture Layer」で選んだ素材を反射した四角形の3dポリゴン
・Tetrahedron 四面体
・Cube 立方体
・Lens Convex 凸レンズ
・Lens Concave 凹レンズ
・Lens Fade 外側をぼかしたレンズ
・Lens Darken Fade 外側を暗くぼかしたレンズ
・Lens Bubble 内側をぼかしたレンズ
・Textured Square 「Texture Layer」で選んだ素材を反射した四角形のポリゴン
・Textured Disc 「Texture Layer」で選んだ素材を反射した円形のポリゴン
・Textured Faded Disc 「Texture 」で選んだ素材を反射した外側をぼかしたポリゴン
▷Texture 
パーティクルのテクスチャを設定できる
・Texture Layer  テクスチャとして使用するレイヤーを選択
・Scatter  テクスチャとして表示されるイメージのばらつきを設定
・TextureTime  不明
・Align to direction 不明
▷Rotation Speed 3Dポリゴンの回転の速度を設定
▷Initial Rotation 3Dポリゴンの回転のばらつきを設定
▷Rotation Axis 3Dポリゴンの回転方向を設定
▷Birth Size パーティクルが発生する時の大きさを設定
▷Death Size パーティクルが消滅する時の大きさを設定
▷Size Variation パーティクルの大きさのばらつきを設定
▷Max Opacity パーティクルの不透明度の最大数値を設定
▷Color Map パーティクルの色を設定できる
・Custom 「Color Map」で設定した色を表示される
・Brith to Death  「Birth Color」「Death Color」で設定した色が表示される
・Origin to Death レイヤーの色から「Death Color」で指定した色へ変化する
・Birth to Origin 「Birth Color」で指定した色からレイヤーの色へ変化する
・Origin Constant 発生時のレイヤーの色を維持する
▷Birth Color パーティクル発生時の色
▷Death Color パーティクル消滅時の色
▷Custom Color Map パーティクルの発生から消滅までの色の変化を段階的に設定可能
▷Volume Shade(approx.) パーティクルの陰影を設定
▷Transfer Mode パーティクル同士が重なった際の表示方法を設定
・Composite 重なった部分もそのまま
・Screen 重なった部分はスクリーン表現
・Add 重なった部分が明るくなる(?)
・Black Matte 全体的に暗くなる
Extras
その他のオプションを設定
▷Effect Camera カメラの位置を設定
・Distance  カメラと画面の距離
・Rotation X  X座標のカメラ位置
・Rotation Y  Y座標のカメラ位置
・Rotation Z  Z座標のカメラ位置
・FOV  カメラの視界
▷Depth Cue
カメラと距離のあるパーティクルの表示設定
・Type 「None」「Fade」「Fog」から好みのものを選べる
・Distance  上記で「Fade」「Fog」を選択した場合の、その影響の度合いを設定
・Fog Color 「Fog」の色の設定
▷Light Direction ライトの方向性をX.Y.Zそれぞれ設定できる
▷Hold Particle Release パーティクルが落下するまでの時間を設定
▷Composite With Original オンにすると元のイメージと合成することができる
▷Random Seed パーティクルのランダム値を設定できる
このレッスンノートを書いたコーチ

有名ファッションショーの映像も担当!素材作りや効果的な演出まで指導

新着レッスンノート

先日の体験レッスンの内容です。 お持ちいただいたHDが認識しなかったため本題が解決できなかったので、 それ以外での疑問点や質問にお答え致しました。 お疲れさまでした。 またなにかございましたらご連絡ください。

先日の体験レッスンの内容です。 映像制作の大まかな流れとアドバイスをいたしました。 レイヤーの分け方やIllustratorとの連携などもご説明いたしました。 後半はサンプル映像視聴し、実際にaftereffectsを一緒に操作しながら、 レッスンの進め方を体験していただきました。

先日の体験レッスンの内容です。 映像制作の大まかな流れとアドバイスをいたしました。 レイヤーの分け方やPhotoshopとの連携などもご説明いたしました。 途中途中で疑問に思っていることにお答えして、 疑問を解消させていただきました。 後半はサンプル映像視聴し、実際にafte...

先日の体験レッスンの内容です。 前半はヒアリングから行い、 現在のスキル状況や目標とする映像はどんなものかを明確にしてゆきました。 後半はサンプル映像を見ながら、 基本操作をレッスンさせて頂きました。 お疲れ様でした。 またよろしくお願いします!

先日の体験レッスンの内容です。 ヒアリングから ・現在のスキル ・最終目標 ・今現在困っていること 上記を確認させていただきました。 それを踏まえた上で、 今後レッスンをしてゆくにあたっての、 進め方や習得していったほうがよいと思われる事をご説明させていただきました...

レッスンノート ページ先頭へ

After Effects情報

サイタのAfter Effects講師がブログを通して、After Effects情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!