サイタパソコン教室・IT資格動画編集ソフト入門講座After Effects 東京 最短で学ぶAfter Effects レッスンノート Web動画広告の全体像、AEを学ぶコツ、これからのニーズ

Web動画広告の全体像、AEを学ぶコツ、これからのニーズ

After Effects(アフターエフェクツ)使い方入門講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は、ありがとうございました!レッスンにてお伝えした内容を以下にまとめましたので、ご参考していただけたらと存じます。

■Web動画広告の全体像
・尺が5秒から15秒くらいが主流になりつつある。長くても30秒。
・正確性とスピードが鍵。もちろん、一定のクオリティも保つ必要がある。
・制作のクオリティも大事だが、企画やマーケ部分での差も重要。
・どの媒体に広告を出すのか、ターゲットを設定するのかで、魅せ方が大きく変わる。
・具体的には自社メディア、YouTube、ニュースサイト、SNSなど、出す媒体によって広告は変わる。

■AE(AfterEffects)を学ぶのコツ
・後発組は、0を1にする作業だけでは追いつけない。とはいえ、0を1にする作業も必要。
・1と1を足して2にする技術も、最初からある程度は取り入れていく。
・具体的には動画元年と言われる2016年以降のプラグイン、スクリプトなどが鍵。英語圏のモノに隠された宝がある。
・動画サイトも役に立つモノはあるが、ここ1・2年で時代遅れになっているものもしばしば。
・できれば、WinではなくMacに。形式的に同じスペックだとしても、体感覚はまるで異なるので要注意。

■これからのニーズ
・ゲーム、マンガ(電子書籍)、アニメ、Vチューバーなど「視覚」「聴覚」「体感覚」のバーチャル化がますます「複合的に絡んみ」盛んになっていく印象。
・廉価は益々進む。マーケ、クオリティ、スピード、量、低単価など、複数の要素を絶妙なバランスでアプローチするカタチが主戦場に。

※上記の内容は、考察部分も入っていますので、あくまで参考程度にしていただけたらと存じます。何らかのトレンドが突然発生して、流れが変わることも十分にありうるので、石橋を叩きながら進めて行っていただけたらと思います^^

それでは、また次回もどうぞよろしくお願いいたします!
このレッスンノートを書いたコーチ

日本最大級のポータルサイト動画広告を1日2本!後発組のAE特訓

新着レッスンノート

本日もお疲れさまでした!E3Dモーグラファーの続きをお伝えさせていただきました。

お疲れさまでした!本日はElement3Dによるフォトリアルの方法をお伝えさせていただきました。また次回もよろしくお願いいたします。

お疲れさまでした!今回はE3Dモーグラファーの復習でした。また次回もどうぞよろしくお願いいたします。

本日もお疲れさまでした!Align3dのプラグイン、CCleanerについてお伝えさせていただきました。また次回もどうぞよろしくお願いいたします。

お疲れさまでした!本日はElement3D、3Dトラッカーの復習をいたしました。また次回もよろしくお願いいたします。

レッスンノート ページ先頭へ

After Effects情報

サイタのAfter Effects講師がブログを通して、After Effects情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!