サイタパソコン教室・IT資格動画編集ソフト入門講座After Effects 東京 最短で学ぶAfter Effects レッスンノート テロップ、文字キラキラ、光彩&グロー、イージングの方法

テロップ、文字キラキラ、光彩&グロー、イージングの方法

After Effects(アフターエフェクツ)使い方入門講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日も朝早くからお疲れ様でした!

かなりボリュームがありましたので、以下、補足事項も含め、復習にご活用いただけたらと思いますー

①テロップ

トランスフォームの位置プロパティ、ショートカット「P」(プレイス)で調整できます。

コツとしては、最初に「スタート地点」「ゴール地点」のキーフレームを打ってしまう方が、迷わないかと思います。

オブジェクトの移動方法は、

「Shift+方向キー」

で「10ピクセルずつ」移動させることができます。(Shiftを外すと、1ピクセルずつの移動となります)

オブジェクトを画面外から反対方向の画面外まで移動させる場合は、位置プロパティの「数値」を直接「⇔」で左右に移動させる方が早いかと思います。

②文字キラキラ

文字のキラキラは、大きく分けて、

「テキスト」のエフェクト⇒リニアワイプ
「キラキラ」のエフェクト⇒CC Particle World

の2つに分けて考えると覚えやすいかと思います。

【エフェクトの種類/場所】
エフェクト(メニュー)⇒トランジション⇒リニアワイプ
エフェクト(メニュー)⇒シミュレーション⇒CC Particle World

●リニアワイプの使い方のコツ(数値の目安)
・変換終了(始点100/終点0)
・ワイプ角度(上から0°/下から180°/右から90°/左から-90°)
・境界のぼかし(20~50)

●CC Particle World
・「3つのP」から調整する(Particleから触りはじめる)
 ┣Particle(①下)⇒Particle type> [Textured QuadPolygon]選択 ⇒Texture>Texture Layer>レイヤーを選択
 ┣Physics(②中)⇒Velocity調整 ⇒Gravity Vector調整
 ┗Producer(③上)⇒PositionXYZ調整

③光彩&グロー
【エフェクトの種類/場所】
レイヤー(メニュー)⇒レイヤースタイル⇒光彩(外側)
エフェクト(メニュー)⇒スタイライズ⇒グロー

●光彩(外側)
・Photoshopと使い方は同じです。あとは「始点」「中間点」「終点」の3つのキーフーレームを打つと良いです。

●グロー
・グロー半径 調整 ⇒グロー強度 調整

④イージング(動きに「緩急」を付ける)
最後にイージングについてです。基本はキーフーレームを選択して「右クリック」、その後は次のとおりとなります。

【イージングメニュー】
・キーフレーム補助>イージーイーズ(◆⇒砂時計マークになる)
・キーフレーム速度>影響100%

【参考/ショートカット】
イージング:F9(キーフレームを選択しながらクリック)
イージング解除:Cmd+クリック(砂時計のキーフレームをCmdを押しながらクリック)
キーフレーム速度:Shift+Cmd+K

以上となります。長々と記載いたしましたが、段階的間隔想起法(短い間に復習を重ねる)で、サラッと復習していただき、記憶の定着にお役立ていただけたらと思いますー
このレッスンノートを書いたコーチ

日本最大級のポータルサイト動画広告を1日2本!後発組のAE特訓

新着レッスンノート

本日もお疲れさまでした!E3Dモーグラファーの続きをお伝えさせていただきました。

お疲れさまでした!本日はElement3Dによるフォトリアルの方法をお伝えさせていただきました。また次回もよろしくお願いいたします。

お疲れさまでした!今回はE3Dモーグラファーの復習でした。また次回もどうぞよろしくお願いいたします。

本日もお疲れさまでした!Align3dのプラグイン、CCleanerについてお伝えさせていただきました。また次回もどうぞよろしくお願いいたします。

お疲れさまでした!本日はElement3D、3Dトラッカーの復習をいたしました。また次回もよろしくお願いいたします。

レッスンノート ページ先頭へ

After Effects情報

サイタのAfter Effects講師がブログを通して、After Effects情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!