パソコン教室・IT資格動画編集ソフト入門講座After Effectsレッスンノート ディストーションエフェクト

ディストーションエフェクト

After Effects(アフターエフェクツ)使い方入門講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

先日もレッスンお疲れ様でした。

今回のレッスンでは主に形を変化させるエフェクトの紹介をさせていただきました。

◆メッシュワープ
エフェクトで指定した縦横のメッシュに変化を加えて形状を変更させるエフェクトです。

縦横の交点を移動させることでメッシュの中身を伸ばしたり縮めたりして形に歪みを与えます。またこの変更はキーフレームとして扱うことができるのでキーフレームの使い方で多様な変形をさせることができます。


◆タービュレンスディスプレイス
このエフェクトは主に風や波などのゆがみを表現するエフェクトです。

基本的な使い方はたくさんあるパラメーター(ほとんどのパラメータがキーフレームに対応)を設定したのち

「展開」のパラメーターにキーフレームをつけて変化させるだけです。


◆CC Tiler
バウンディングボックス(コンポジションに適応した場合はコンポジションサイズ)の中身を「スケール」のパラメーターで自由なサイズ、数に分割複製することができます。
また「センター」にキーフレームをつけることで分割複製したものに動きをつけることも可能です。




変形のエフェクトはまだまだたくさんありますのでいろいろなエフェクトに触れて試してみましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

難しい説明書に挫折した方でも大丈夫!現役CG映像クリエイターが徹底指導

僚太のAfter Effects講座
吉田僚太 (After Effects)

高槻・新大阪・梅田/大阪・尼崎(JR)・三ノ宮・天王寺・京橋・難波・堺・中百舌鳥・淀...

レッスンノート ページ先頭へ

After Effects情報

サイタのAfter Effects講師がブログを通して、After Effects情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!